スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッチー天使になる

07 13, 2017
愛する姑のミッチーが人間のレベルがマックスになったのでめでたく天使に転職しました。
元より属性は天使だったので何の不思議もありません。
この世を旅立つ前に20日間意識不明になった事だけが本当に可哀想でした。
意識はなくとも肉体だけは反応していると医者は言いますが
むしろ私は、ミッチーには全て見えているのではないかと。
病室の中の悲喜こもごも、見舞いにくる客の思惑さまざまを。
ただ、超越して肉体を維持して、はぁはぁと戦う姿を私達に見せつけていたのです。
さあ、何か学びなさい、と。


女性によくあるエゴだとか嫉妬だとか愚かさを持ってなかったのか見せなかったのか、
でもそんなものあっても見せるのはアホだ、と思ってそうです。
何も見せず読ませずいきなり人を驚かすのがミッチーでした。
私は嫁いでミッチーに出会い、自分の存在を丸ごと受け入れてもらって、
実の親以上にか、愛を感じたのです。
嫁いで心から母と呼べる人が二人になったのです。

ミッチーはかつての脳梗塞の後遺症で記憶が保てず
海老フライ食べながら海老フライ食べてる事を忘れ、息子の名前を忘れ、
嫁の事は数年ばかりヘルパーさんだと勘違いして、
息子を婿にあげてもいいよ、と言うお茶目な姑でした。
ただされるがままに立ったり座ったりお尻を拭かれたりお風呂に入れられ、
来る日も来る日も繰り返し時代劇チャンネルを見ていました。
記憶が保てないので脳梗塞以降に見たものは全部新鮮なのです。
「なんでこんな体になったんやろう。情けないな〜。」とたまに嘆きましたが
おおむね終始無言の、超絶的に口数の少ない人でした。

だから
本当に、たまに
おお、しゃべった!
とう思う瞬間の一言一言がやけに重くて深くて涙が出そうです。

ミッチーの介護をしていて、
『ミッチーはいいね、息子と嫁がこんなに一緒になんでもしてくれて。
私は子供がいないから死ぬ時はきっと孤独死だよ〜。
誰も私の面倒は見てくれないよ。」と言うと、
もの凄く大きな声でハッキリと

「うちが見たる!」と言うのですよ。
泣いちゃいましたよ。

ミッチーは要介護5の両足ギブスの脳梗塞後遺症で半身麻痺の記憶もポンポン飛んじゃう人なのに
「うちが見たる!」か〜〜〜って。

結婚しても私が旦那の前で恥ずかしくておならが未だに出来ないんだよ、と言うと、
「こき!」
「え?」
「かまへんがな、こき!」
と、私がビックリしてしまうような事を言います。
なんて楽しい姑でしょう。

ま、未だにこけませんが。

ミッチーの意識不明になる日のこと
ミッチーは椅子に座ってテレビを観て
私は洗濯物を畳んだりしながら、一方的に(つまりいつも通り)おしゃべりしていました。

「お母さん、もうすぐ旅行に行くんだよ。」
「何処いくの?」
「ハワイ!!」
そう言った瞬間、ミッチーの顔がぱぁーーーーーっと明るくなったのです。
いつもつまらなそうなミッチーの顔に光が差し込んで胸が締め付けられました。
「おかあさん、ごめん!ちがうねん。冗談やねん。伊勢やで。伊勢に旅行に行きたいなーって。で、もうホテルも予約してるねん。でもミッチー、本当はハワイ行きたいんやね。」
「別に行きたないわ。」
「だめだめ、もうさっきの嬉しそうな顔見てしまった。」
初めて見たミッチーの本音に思わず抱きしめてしまいました。

いつもテレビでハワイが出ると夫婦でハワイに行きたいね、と言うと『別に」と興味を示さなかったミッチー。
心臓が弱過ぎて気圧の変化が無理なんじゃないか?と心配して来たのですが。
それから疲れたから少し寝ると言うミッチーをベッドに運び、私は晩ご飯を作っていました。
旦那が会社から戻り、ミッチーと一言二言話して『何で寝てるの、もうご飯やで。」と座らせ着替えに二階に上がり、下りて来るともう意識不明でした。

あとは救急車を読んで…。

本当はハワイに行ってみたかったミッチー。
他にもやってみたい事はあったと思います。
でも何一つ自分のしたい事など言わなかった人。
四人の息子を育てて、人生を生き抜いた人。

来月初盆です。

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 未分類

骨折りまくりミッチー

10 03, 2013
義母のミッチーが骨そそう症で今年だけで二度骨折してます。

あばらを三本折ってやっと治ったかと思えば、すぐに大腿骨頸部損傷。

入院手術の介護のため毎日車で病院通いしています。

そのためパウリーの散歩に行く暇が無く、またまた母に預けています。

そうこう病院に通い続けて2ヶ月、私は過労で持病の緩解していた喘息が再発。

この1ヶ月と言うもの熱が下がりません。

パウリーに会いたいです。

パウリーと一緒に眠りたい。

パウリーと一緒に歩きたい。

パウリーと目を合わせたい。

パウリーに舐められたい。

パウリーを舐めたい(時に舐め返してた)



募る思いもあんまり言うと自分が辛くなるし旦那もヤキモチを焼きそうなので

自分の中でぐーーっと押し殺し。

ストレスたまるなああ。

パウリーは私の癒し。

命の半分くらい。




0 CommentsPosted in 未分類

嫁と舅の問題

11 11, 2011
ロザリアが結婚して、ご主人とはまあうまくいってるのだけど、
お義父さんとの同居が上手く行ってないらしくって、
今は会う度、また電話の度に愚痴を聞いてる。

旦那さんとは上手く行っているのに、もう限界だ、離婚もいつも考えていると言う。
だいたい元々はお義父さんがロザリアとの結婚をドンドン進めたのだ。
親同士が近所関係の薄い知り合いで、見合いして。
ぶっきらぼうな旦那さんとは殆ど関わり持つ事なく、お義父さんの相手ばかりさせられていた。
内心、お義父さんとの相性に一抹の不安を覚えつつも、条件に流されて結婚したロザリア。
自分が馬鹿だった、とつぶやく。

何が気に入らないのかお義父さんはロザリアの実家を見下げて最初からちょっと上から目線だった。
結婚式にも、ロザリアの親にろくに挨拶もしなかった。
この時点で破談にすれば良かったのだが、ロザリアの家系はのんびりしてて本当に人がいいのだ。

で、結婚してからはご主人は我関せずのキャラクターで、食後は自室に引っ込んでしまう。
ロザリアは残されてお義父さんの話し相手。
そうですね~~とか言いながら家事をしてきた。

「ちゃうちゃう、コーンスープにはブロッコリーを入れなアカンやろ。」とか
非常にマイナーな家庭ルールを一杯教えられて、それに忠実に料理するロザリア。
お義父さんと旦那さんの食べる料理が違って、朝から二種類の朝食を用意する。

買い物に出かけると、「よう買い物に出るな。」「たくさん買うて」「今日は3時間もお出かけですか。」
いちいち五月蝿い。
そしてある日ロザリアは衝撃の事実に気付いてしまった。

お義父さんは80以上の老人なんだが、カレンダーに細かい字で(読めるのかな?)
ロザリアが何時に出かけ、何時に帰ったかを逐一記録を取っていたのだ。
ゲゲゲ~。
ロザリアがドンビキしたのは言うまでもない。

また、二人の間に中々子供が出来ないので、旦那さんの上のお義姉さんの子供を一人(すでに女子大生!!)を養子にもらえとか言う。
これは、子供もいないまま、自分が死んで、息子も死んでロザリアが残ったりしたら、
家の財産がロザリア家に行ってしまう事を危惧しての発言なのだ。
なんで結婚2年目にして女子大生を養子にしないといけないのだ。

ロザリアはこの件で、お義父さんを見限った。
人としてもうダメだと。

で、今朝はお義父さんは自分の部屋で大きな声で独り言(それはいつもの事)で、
「○○(旧姓)ロザリア子さんやな」って言ってたのだ。
ロザリアはビックリして「はああああああ?」って
初めて、やっと初めて反論したのだ。
グッジョブ。

私は離婚するって言うんなら、ちゃんと記録を取れって言ってる。
ロザリアが言われて来た酷い発言の一つ一つ。
胸がドキドキして眠れなくなるほど毎日嫌みを言われ続けて、
「離婚しても慰謝料は1円も出ないで」とか言われているからだ。

旦那は…良くある話だけど本当に頼りにならないんですね、こう言うときの男って。

私はふんだくれ、って言いたい所ですが。

でも、ただの我がままだとか、慰謝料目当てだと第三者に思われないように
自分の事は自分でちゃんと守れ、って言ってます。


結婚難し過ぎる。。。



4 CommentsPosted in 未分類

ハンサムちゃん

10 17, 2011
パウリーはとっても可愛い子で、可愛い可愛いと育てて来ましたが、
最近はもうお兄ちゃん通り越しておじさんになってきたのは飼い主と同じ。
だからもう、最近では『ハンサムちゃん』と呼んでます。


m111013_2004~01


どうでしょう、このハンサムっぷりは。

飼い主への無視具合とか

都合のいい時の上手な機嫌取りとか

あんたは何処のジゴロやねん、って感じです。




m110607_2249~01




2 CommentsPosted in 未分類

やっと独占欲

10 09, 2011
私が他の犬とイチャイチャしても意に介さない感じでヤキモチを焼かなかったパウリー。

しかし最近異変?

インコのアイスちゃんとおしゃべりしてて「かわゆいでちゅね~かわゆいでちゅね~最高のインコちゃんですね~」って言ってたら、口にボールをくわえて持って来て。

『ボクと遊びましょう。ボクと遊びましょう』と誘うパウリー。

あれ?と、まあ思っていたのですが。

昨日も。




私の横でなでなでされていたくせに、ふっとL字型ソファーの向こう側に座ってた母の方へジャンプ。

今度は母になでなでを頼むパウリー。

あれ~~。

さみしい。。。。





そこで脇に置いてたパーカーを丸めて膝に乗せ、

「かわいいでちゅね~~かわいでちゅね~~いいこちゃんですね~~。」とやってると

またジャンプして、パーカーの上からドスンと座ってなでなでをせがむパウリー。







それを見ていた母がお返しとばかりに、自分の上着を丸めて

「よちよち、よちよち、」となで始めると、今度はそっちが気になってジャンプするパウリー。




どうしたんでしょう。

秋の空がパウリーを焼き餅焼きに変えたのでしょうかね?


0 CommentsPosted in 未分類
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。