またUFOを見ました

11 01, 2011
書くのをすっかり忘れてましたが、10月もまたUFOを見ました。

今度は黒いUFOでした。

日が落ちかけてましたが、まだ明るくって、私と母と近所の通行人(ただし車運転中)が見ました。

なのでとってもリアルでしょ。


母は「何か人生変わるかな~~。」とか言っちゃって大興奮。

変わんないよ。

見たくらいでは。

ん~~~。

さらわれて乗せてくれて、宇宙旅行にでも行けば、私だって本の一冊くらい書くんですけど。



普通に黒い物体が、ガタガタした丸っぽい形でうすっぺらく(つまり円盤形に近い)、

それがプカプカって感じで、ずーーーーっと北北東に進んで行きました。

不思議感とか感動とかはもう無いです。




前回見た三角形のとは違いますね。

色々な種類が地球に入るみたいですよ。。。



スポンサーサイト

UFOを見てしまった

11 08, 2009
今日、もう暗くなった18時40分。

私は生まれて初めてUFOを見ました。

パウリーの散歩中、飛行機よりも低く速く、公園の上を横切って行きました。

薄暗いオレンジ色のドーナツのようなものが3つ三角に並んで一つの乗り物です(多分)

三つのオレンジ色は時計回りにグルグル回りながら飛んで行きました。



ちゃんと言えてるかな。。。。微妙です。

ただ言えるのはビックリした!!ってことです。


整列する雲

10 22, 2009
本日の北摂の上空には規律正しい雲の列が見られました。
整列する雲

私は運転中だったので母が携帯で撮影。
整列する雲

雲ってこんなにお行儀よく並ぶのでしょうか。

層積雲とか、うね雲と呼ぶらしいです。

波紋状や肋骨状の地震雲にも見えます。

長い事生きてる私も、長~い長~いこと生きてる母も初めて見ました。

地震雲?ふぐり玉蔵さんの記事。気になる…。

雲の写真したに追加。

続きを読む »

ダーマ神殿のダーマとは

10 21, 2009
日本中で大人気のドラクエにはスピ的にも面白い物がちりばめられています。
その一つがダーマ神殿です。
ドラクエワールドでは転職は職業安定所ではなくこのダーマ神殿と言う場所で行います。
主人公達が転職のために訪れると、いつも神官が捕まっていたり行方不明だったりと最初は役立たずな転職場所で、敵を倒しイベントをこなすと自由にいつでも転職出来るようになります。

このダーマとは何なのでしょう。
そもそもこのダーマと言う言葉の由来はインドのダルマから来てるようです。
ダルマとはサンスクリット語のBodhi dhalmaの漢字書の菩提達磨を表します。
「法」と言う意味ですが、正確には「その形を維持する」と言う役割があります。

ここで横道にそれますが聖書の三位一体の三位とは御子イエスキリストと、父である神と、聖霊の三者をさします。
それらが一体であるかはさておき(この辺が宗教論争になるらしいので)、聖霊と言う存在に日本人はなじみがありません。
聖書の中では、父と子(神とキリスト)を侮辱しても許されるが、聖霊を侮辱して無事で居られる者はいない、と言う意味の言葉があります(何章何節かなんて忘れた;;)
何故聖霊を侮辱すると神よりも厳しい罰が待っているのかと言うと、人格を持った神とは別で、聖霊は「法則」のようなものなのだ、と昔聞いた事があります。
法則を犯した者に法則は容赦ができない、容赦する感情がそもそもないのです。

もしも聖霊の怒りを買えば「形を維持する」法則が狂い、物質は崩壊するでしょう。
物質は周知の通り原子の集まりです。
原子も更に小さく分解出来ます。
それらが離れてバラバラにならないようにするのが聖霊なのです。
物理学用語でちゃんと名前のある力ですが…これも忘れました^^;

しかし聖書が言うように宇宙には間違いなくこの力が充満しているのです。
ここまではキリスト教に基づいた物質を形作り維持する力・呼び名こそ違いますがダーマの特性であります。
しかしダーマは本当にそんなに怖いものなのでしょうか。

三位の父と子と聖霊と並べて書きますと『母』がいないことに気付きます。
ダーマの本来の意味とは『父の愛する母』と言う意味で、母を表すのです。

古代の歴史資料を見ていると、古来宗教は一つだったのですが権力の思惑によって宗派が作られたと思うのです。
キリスト教においては何らかの理由によって『母』は聖霊と言う名の影に隠され、父と子だけがクローズアップされた気がします。
そして人格は無いものにされ、近付き難い恐ろしい存在にされたのです。

しかしダーマはインドではヨガの最高神です。
原始女性は神であった、と言った女性詩人もいましたが、ギリシャの古い神々の中にも、神々が集まる場所の中心に姿は見えねどグルグル回り続けるかまどの神がいます。
その神は女性でヘスティアと言い、実は神々の中でも最も重要らしいです。
何とゼウスのお姉さんです。
中心にいて姿が見えない、と言うのがそれっぽいですね。
私はそれが姿、名前を変えたダーマっぽいな、と思うのです。

また日本の神様にもそれらしき方がおられます。
有名な方ではありませんが白山の菊理姫。ククリの神です。
物質をくくる神様です。
地元では『命の親神』と呼ばれているそうなので、間違いなく同じ働きです。
呼び名は何でもいいんですけど、どうもその神様は古代から女性系だと思われてきたようです。。

今世界は物質文明に犯されて本当の神様の存在は知られていません。
ダーマがその神かどうかは検証の途中ですが、確かにこの宇宙を創造してその形を維持している神様は聖霊の名の下に隠されてきました(インドではメジャーなのかな。)
でも違う形で子供の頃からお世話になっていたりして。
ありがとう、ドラクエ、であります。



シュールな地震の夢

10 20, 2009
今日は地震の夢を見ました。
津波の夢はしょっちゅうですが地震は滅多に見ません。
そして場所が我が家と言うのも初めてで面白かった(といっていいのだろうか)
夢と言うのはものすごくシュールで、そして短い時間に長いお話があったりするのがなんとも…

今朝六時半の携帯のアラームがリビングで鳴って、目をこすりながら止めに行き、またベッドに戻ってパウリーをなでなでしてたら二度寝してしまい起きたら七時半。
そんな一時間の間に見た夢でした。

母と妹と私の3人がリビングに居て、地震で部屋がグラグラと揺れています。
部屋には子供時代に我が家で使っていた応接セットがあって、その椅子にしがみつくのですが、椅子ごと二回転倒してしまいます。
「ぐるっと回ったね!」と妹がいいます。
家は大丈夫だろうかと思いつつまだ椅子にしがみついていると、今度は家ごと真横に一瞬倒れてしまいます。
また反動で元に戻って私の部屋から外を見ると、白い服にオレンジ色の救命胴衣とキャップをかぶった人々が大勢溢れ出しています。
そのうちの一人が我が家に近づいてきて何かプリントを渡そうとするので、窓を開けたらパウリーが飛び出してしまうのです。

「パウリーーーー!!」
いつの間にかパウリーまでオレンジ色の胴衣を着ています。
同じように真っ白な体にオレンジの胴衣でとけこんでしまいそうです。

慌ててプリントも見ずに外に駆け出して追いかけますが気付くと私は浴衣の寝間着で、そして私までオレンジ色の救命胴衣を着ているのです。
外には人間だけでなく、コーギーやダックスなどの犬達もオレンジ色の救命胴衣を付けて歩いています。
パウリーはいったんは私の方に戻ってくるのですが、すぐにうれしげに何処かに走り去ってしまいます。
この中の誰かにパウリーがさらわれたら大変だと、浴衣なのもあきらめて、裾をけたぐって走りますがパウリーはいません。

パウリー!パウリー!
何度も何度も叫んでは角を曲がっても白い服にオレンジの救命胴衣を着た人と犬ばかり。。。と言う夢でした。

目が覚めて私は本番?あんなに大きな声が出せるんだろうかと布団の中で同じトーンでパウリーを呼んでみました。

やばい。
声小さいかも。

パウリーは呼んでも起きもせずにグースカ寝ています。
狸寝入りなんでしょうか。
まぁ、居てくれてよし、であります。


続きを読む »

プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ