スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えすぎの犬(人?)

01 13, 2007
ガムを噛んでます
毎晩毎晩パウリーは、テレビを見ながらソファーで気持ち良く
寝そべる母の足元に気持ちよく眠っています。

こうして大人しくしている間に私はお風呂に入れるのです。

お風呂から上がって髪を乾かしたら

「さぁ、パーちゃん、もう寝ましょう。お母さん今日もお疲れ様です。おやすみなさい^^」

いつもの挨拶をして先にベッドに行きました。


いつもならトコトコトーと私のベッドに入ってくるパウリーですが、

その日は何を思ったか母の布団へ。

ガ━━∑(゚□゚*川━━ン!

「やだ、寂しい。パーちゃ~ん><。。」

私がパウリーを呼びますと

「しょうがないね。」

と言った様子でトコトコトーとパウリーがお布団に飛び込んできてくれました。

でも

何か良く知る香りがふわっと立ち上ったのです。



ちっち?

まさか・・・・・・・・


もうこの味に夢中です。


「きゃ~~~~~~~~!やりやった!!」
母の悲鳴。

「パウリーおしっこしていきやった!」

怒りながら敷き毛布をはがす母。

「パウリー!あかんじゃないか!!」

即、事件の現場に連れて行き、おしおきだべ。

で、反省したかと思いきや、またトコトコトーと母の布団へ。

「きゃ~~~~また!!!」



え!また!?


また今度は毛布をはずしたシーツの上へちょろっと雫を残して去る;;

またパウリー叱られる。


ねぇ、なんで?いつもはちゃんとしてるのに。

「ボクが理恵の方に行けばお母さんが寂しいし、
お母さんに行けば理恵が泣くだろう?
ボクの匂いを残していってやったよ。この香りをボクだと思って寝るんだよ。」


ってことだろうか?と母に言うと

「あんたの考えすぎ」と言われました。

でもなぁ~。

普段しない子が二度までもあんなことするには絶対ワケがあると思うのよね。

毎晩理恵にも母にも、パウリーはすごく気を使ってるとは母の弁です。


パーちゃん謎っ子ですな

う~~~止まらないな、豚耳ジャーキーは


スポンサーサイト
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。