スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲良くなれるかなv

08 31, 2008
先日書いたシェパード君二頭と再会しました。
オリバー君
とっても大きなオリバー君。耳が立派。

我が家の前でちょっと飼い主さんと立ち話。

大きい方はオリバー君。

小さい方はメイプルちゃん。
メイプルちゃん
メイプルちゃんはベルギー生まれの小柄な女の子。

オリバー君はドイツ生まれ。

メイプルちゃんはベルギー生まれ。

飼い主さん曰く、様々な国で交配されたシェパードは、
国によって大きさや特性が色々あるそうです。

よく見ると可愛い顔をしている。

思わず可愛いね、と言うと、私の顔をペロってなめてくれたオリバー君。

パウリーはまだシェパード君たちとは仲良く、まではいかない心境のようだけど、
飼い主さんは大好きらしくて甘えたりしてました。


飼い主さんは「フス!」としきりに教えていました。

これは伏せではなくお座りのようです。

私はこのシェパードちゃんは元警察訓練犬なので英語で訓練rされたのかな?
と思っていましたが、オリバー君は日本語で訓練されたそうです。

でも・・・・「フス」は珍しいですよ 予想も付かなかった(笑

パウリーもいつか仲良く遊べる関係になるといいな。



あと、少し前になるけれど朝の散歩で家を出たとたん出会ったジャックの子犬ちゃん。
ペコちゃん
ベストショットがこれと言う下手くそさ;;

どこかで見た子だと思ったら、ペットショップアミーゴで、
「二頭目にいかがですか?」としきりに勧められた子だった。

勿論経済的にも体力的にも飼えないのだけど、

こんなにご近所さんで飼われてるだなんてご縁を感じました。

やっぱりとっても可愛いお顔ですwwww

でも

ご近所さんといっても家も名前も聞けなかったし

あれから会ってないですよ。。。。

元気かな、ペコちゃん(♂)

あ、勿論私はパウリーさえいれば超幸せなんですよwwwww
ヤキモチなんか焼きませんよー
パ:ヤキモチなんか焼きませんよー。


スポンサーサイト

夏休み中盤は

08 26, 2008
夏休み中盤は

やっぱり友人と会ったり

妹家族が泊まりに来たり

なかなか楽しい日々でした。

お茶した伊勢丹
駅ビルの吹き抜けすごい迫力。なかなかの強風でした。




友人と京都の駅ビル(伊勢丹)に行ってユリア・ヴォリ(絵本作家)の原画展を見たり、
内モンゴル醤油ラーメンと言うのを食べたり
どこやらの喫茶のたまらないチーズスフレを食べたり

絵の素晴らしさもさることながら
内モンゴルラーメンうますぎ!!

忘れられないトラウマが出来てしまった。。。。
醤油ラーメン食べるたびに内モンゴル醤油ラーメンが恋しくなるというトラウマがぁぁぁ。
http://www.kyoto-ramen-koji.com/komado/zanmaiya0603_menu1.html

そして妹の子供たちも一緒に
幼い頃家族と行った思い出の場所大阪高槻市の『原養魚場』へ。
川の直ぐ横で養殖をして、料理を頂けるお店です。
鮎の塩焼きと鯉のあらいと鯉こくを苦しいほどに頂いて。
川遊び カニが取れたよ
カニをたくさん捕まえて大喜びのR太。

川魚が大好きですが
滅多に味わえないので
最高に幸せな一日になりました。
川で子供たちとも遊べたし。

幼い頃引っ越す前住んでた町のタコ公園を再び見に行けば、
アーティスティックに色塗りされてて(笑)感動したり。
当時はただのピンク色だったのに、今は顔や吸盤、鉢巻き、海の水まで塗り分けられてた^^;
タコ公園



大きくなったら料理人になりたい甥っ子のR太と
一緒に茶碗蒸しを作ったり
(でもこのチビ料理人、茶碗蒸しに入ってる具が嫌い。。。これ卵豆腐やん;;)
サボるなよ

犬の散歩もちょっとサボリ気味に
あやにょ画伯とパソコンで一緒にシムピーポーしたり
(あやにょの作るのは全て超豪邸だけど、設計に問題があってよく住人が死亡する・・・・)
あやにょリクエストで「わたがし姫」って漫画を描いたり
R太の無理やりなりクエストでバイオハザード4のプロフェッショナルモードを頑張って死にまくったり。
ずっと遊ばされてました。
いえ、楽しかった。
感謝感謝。


食べまくりつつ
半分寝転がってるような遊び方ばかりで気が付けば
寝転がりまくり


恐ろしいことに

腹の上のポニョが出来てた。。。。。 

この数日で出来たというよりは
今年の猛暑で毎日一本アイスキャンデーを消費していたのが悪かったような。。。。


ポニョが目覚めて暴れださないうちに
なんとか節制して抑えなければね。。。。。。。

食べすぎですよ
散歩さぼるなぁ~~。

だって~暑かったんだもん。


でもめっきり涼しくなったね。。。




オリンピックな夏

08 22, 2008
私は例年オリンピックに興味が無い。
競い合ったりすることにあまり感動を覚えない体質なのだ。
ただ美しいものは好きなので結果よりもその演技中の美しさとか陸上競技の肉体の躍動とか、そう言うものは普段?の世界大会でも見入っていることがある。

だけど今年のオリンピックは違う。

なんだか舞台が北京と言うことで、テロだのチベットだの四川の地震だの冷凍餃子だの偽装だの、およそオリンピックのお祭り気分と相反する出来事に襲われ続けてる今回、色々な意味で注目だった。

貧富の差が激しく予算的にも苦しい中で起きた四川の大地震で、もう開催はあきらめるのかと思いきや開催されたこと。

あの鳥の巣のような奇抜な会場の中で繰り広げられたオープニングイベントに平和の祈りが込められた鳥が飛び立つ姿など、ああ、この演出の為の建造物のデザインだったんだと納得もした。

とにかく中国4千年、北京を俯瞰するような大きさと緻密さを感じる計画。

と、ここまでは普通に視聴者なのだけど、我が家は母娘そろって今「嵐」ブームなので。

櫻井翔さんが読売のオリンピックのキャスターになって、嫌でもテレビの前に座る機会が増える。

興味の無い競技の選手でも、翔さんがインタビューしてるのを聞いてると、常よりも選手に詳しくなっていてやけに感情移入して応援してしまう。

福原愛選手しかり富田選手しかり北島選手しかり、である。




そして最近ジャニーズの携帯サイトに入って嵐5人の日記を毎日チェックしてる中
(毎日更新があるのは二宮君のゲームニッキだけだけど)

櫻井翔君の「オトノハ」で北京から送られてくる日記はとても面白かった。
彼は言葉でも文章でも北京の大舞台をイキイキ伝えてくれている。
その中で銅メダルを獲得した浜口京子選手の取材に行ったとき、時間の無い中京子選手が翔君に、
『曲聴いてたよ!』と言って時間が無いまま去って行ったそうです。

表彰台の後、改めて話を伺うと(と、翔さんは日記で書いています。)

準決勝で敗れてしまった後、三位決定戦まで対戦相手の研究をしてる間、研究すればするほど対戦相手のほうが強いのでは?と言う弱気の虫が出てきてしまい、

「いや、絶対私のほうが強い。」と言い聞かせながら聴いた曲が、嵐の
「Everybody前進」だったそうです。
う~~~ん、私もこの曲大好きなんですよ。。。。

そして迎える三位決定戦の直前まで聴いていたのが
「風の向こうへ」だったそうです。


本当にあるんですね、

こう言うことって・・・

と翔君は締めくくっていました。
キャスターとして北京まで行って応援してる選手が自分たちの歌を聴いてメンタルコンディションを
整えていたとは、どんなに胸に迫る体験だったでしょうね。

まだまだ感動の多い今年のオリンピック

全ての選手を最後まで応援し続けたいです。







6 CommentsPosted in 嵐な日々

崖の上のポニョ 感想 非常にネタばれ

08 20, 2008
崖の上のポニョを見てきました。
まさか自分が劇場で見るとは思ってなかったけど映画鑑賞券が二枚当っちゃったので。

・・・・ってこれでマイカルのアンケート景品は二度目のような。
母と食事に行ったときに応えたアンケートで当ったので母のリクエストで(アンケート書いたのは私だ)ポニョになりました。




今回のポニョの陸・地上の世界は水彩色鉛筆やコンテをこすったような手書き感一杯のすごく綺麗な色彩で溢れています。
雨が降る前はこの癒される世界の色を思い切り堪能できます。
対照的に海はもうセル画セル画の世界です。
リアルでも夢の中でも映画でも津波が苦手な私にはこのうねうねうねる宮崎さんの海の描写は気持ち悪かったです。

闇色のグラデーションが岬を呑んでいく光景は夢に出てきそうです。
軽自動車で坂道を波に飲まれながら走って振り返ればさっきまでいた場所は深い海の底。
こわすぎる。
津波で沈んだ海辺の町は、水面下に古代魚がゆったり泳いで時間が逆行したような光景。
そして救出された人々で船を一緒にこぎあって山の上のホテルに避難すると言う、その人々の姿がちょっと昭和初期の日本の人々に見えました。

宮崎さんは死ぬ日のことを思う年になったと言われてましたが、ご自分の眩しい時代に作品がトリップしているようでした。
古代魚もナウシカのオームも、時代を超えた大切な何かを訴える為の符牒に見えてきます。
そしてポニョ、変身途中の微妙なポニョはイラストレーター奈良美智氏の描く少女そっくりです。
変身しきっちゃうと元気な女の子なんですが、疲れるとカエルっぽくなるのが。。。。
指三本になっちゃうのがちょっと怖い。

ラスト、ポニョの母親がそうすけ君に
『ポニョが元お魚の子だとわかっていても愛せますか?』とたずねて、
勿論ハッピーエンドなのですが、
(魚ちゃうで~~その子はカエルの子やで~~)といいたい衝動に駆られました。
もうあの可愛いテーマソングもポニョポニョカエルの子って歌いたいです。
千と千尋の神隠しでも白は白蛇だったし、愛する対象が爬虫類や両生類だった、と言うパターンが続きます;;(何故だー)

そうすけくんのサンドイッチのハムかじったり血をなめたりと、これまたちょっと怖いです。
人間の血をなめて人間になれたと言ってましたがお父さんも元は人間で、実の父なんだったらDNAをポニョは元々持っているのでは?といぶかったり。

で、今回特に面白かったキャラクターはポニョの父親です。
ビジュアル系のロッカーがそのまま年をとったような感じです。
怪しいドリンクを作って井戸に貯めて、ここが一杯になれば海全体を古代同様に浄化できる、と言ってました。
これをなめると彼は若返ります。
海の魔法の力らしいです。
ポニョが封印を解いて途中まで集まったドリンクを全部ご破算にしたので、魔法が大変(=津波)なことになります。

パパさんは元人間なのに人間は穢れていると言い張って、必死で娘たち(小魚系)を守ろうとしますが、非常にそっけない扱われようです^^;
ポニョの本名はブリュンヒルデで、他の子達もエルヒガンテとかマキアージュとかややこしい名前がありそうです。
その全てをパパは覚えていそうです(推測)

他の子は皆小さくて、点黒目にまつげだけなのに、ポニョはたった一匹ちょっと大きくて白目をむいてて、同期の卵からかえった姉妹たちはいないんでしょうか?
それとも一粒種で誕生した特別な子なのでしょうか。
そしてこれだけ小魚少女がいても男の子が一匹もいない不思議。
宮崎さん・・・・・・どんだけ女の子が好きなんだ。。。。

まぁこの小魚少女たちが青黒い大魚に変身したときは、これが本体なのか?ってちょっと落胆。
この可愛い子たちがこれでは、ポニョはラブーン(某作品で有名な鯨)か?って。

そしてポニョのお母さんは普通一般の生命体ですらないようです。
海や命の根源そのもののようです。
海全体に広がったり人間の大きさを取ったり変幻自在なようです。
古株の船乗りが「観音様 観音様」と手を合わせていましたが、このように拝まれる神秘の存在、を表現したのでしょうか。
人間だったポニョパパはどうやってこの方と結ばれたんでしょうね。




ポニョはお世辞にも魚としても人間としても、まぁ『美人』ではなく、お父さんにもお母さんにも似てません。
きっと成長して大きくなれば、あっと驚くほどの美人になるというオチが待ってそうですが。
ポニョとそうすけ君のラブストーリーよりもポニョの両親のなれそめが気になります。


きっとお子さんを持つママさんたちはそうすけくんの元気なお母さんとかに感情移入でしょうね。
声は山口智子さんでした。
声優さんは全般不可無く自然な仕上がりでした。

可愛い作品と見せかけて、いついつも怪しげな企みや奥深い謎があるかのようで、しかしそのどれも描ききらない宮崎作品。

考えすぎてもわからないのでサラーッと楽しもう;;



0 CommentsPosted in 映画ヲ見テミテ

事件ばかりおきますよ;;

08 18, 2008
お外への果てしない憧れですよ
一昨日の大雨以来心なしか涼しい朝が続きます。


今もブログチェックをしながらコパンちゃんとこのブログにコメント書いてる矢先にチャイムの音が。

こんな朝から一体誰だろう?

窓からのぞくと、なんだかいつもお散歩で会うシェトランドシープドッグのかしげちゃんのママに似てる気がする。

(まさかかしげちゃんのママが来るわけない。よく似た集金さんだなぁ)と集金さんに決めつけ、
これは母担当だな、と自分は母が出るに任せPCに戻ろうとすると母の悲鳴が。

『理恵~~パウリーが出てた!!』

え!!

なんと集金さんと思った人物はまさにかしげちゃんのママで、もう一人はママさんの娘さんだった。

え~~~~~どゆこと!?

娘さんの腕には超うれしそうなパウリーがハッハハッハしている。



『公園で走ってました』

なぬ?! 

『つかまえるのが大変でした』

『(公園の隣の神社の)ヤブにまで入り込んじゃって出れなくなったりしてました。』


(ー□ー;;;ナイアガラ滝汗!!!!)


お礼とお詫びをかしげちゃん家の人々に言い、別れた後、
足を洗われつつご機嫌笑顔のパウリーを見つめる。


あの家の前の道路を通って大きな通りに抜けて交差点を渡って行くいつもの公園へ一人(一匹)で行ってたの??

いつのまにぃぃぃ?????

家族誰一人気付かず静かな朝を過ごしてましたよ。
公園への道


毎早朝、パウリーと散歩が続いていた私ですが、今朝は散歩に行ってませんでした。

昨夜録画しておいたミュージックラヴァーと少年倶楽部の嵐のライブを母と何度も何度もアホのように朝っぱらから再生していたのです。

散歩行かないの???って気持ちだったでしょうな、パウリーにしてみれば。

だからって・・・・・・・ママを置いて一人で行くなよ;;;;




てか、なんで外に出られたの;;;;

この間も窓をはさんで目と目が合ったよね




それは毎回新聞を取りに行った母が鍵を閉め忘れたときであって。。。。。。

じぃ~~~~~~~~~~~~~~。

「変だね~。カシャって鍵かけたつもりだったけど、上がっちゃったのかね。」って、おとぼけな母。
いつもの公園
公園大好きだモンね;;;




「これからは絶対網戸にしない。」

「玄関の鍵は二重にかける。」




目を三角にして言う私(顔がマジデスよ)

焼きそばソースの香りと戸締りに圏外はありませんですよ!!!!



後はもう・・・今さら叱っても???状態なので、
パウリーと引張りっ子したり抱き合ったりおしゃべりしました。

一人の公園はどんなだった?

楽しかったか?って。

パウリーにとってはいい夏休みの思い出になったのかな?

私は滝汗だけどね;;;;;;;

また虎視眈々で狙うデスよ
また虎視眈々でチャンスを狙うんだろうな・・・。






だから暑いのか なんちて

08 14, 2008
入道な夕焼け
私の趣味、と言うかビョーキでしょうか。

ロマンの一種とも言いますね。

だぁから日本の夏はやけに暑かったのか~~って↓(ヲイ)



日本の夏の暑い理由?

でももう大丈夫(笑)


日本の夏


ま、ロマンですよ、これも^^;宇宙、とかね。



ちょっと前ですが

大きなシェパード2匹がおうちから飛び出してきてパウリーに飛び掛ってきました。

押さえ込まれて咬まれたパウリーが悲鳴を上げた瞬間

可憐な私の右サイドキックがシェパードたんの腹部に直撃。

シェパードはビックリ離れてパウリーは難を逃れました。
踏み踏み

飼い主さんが慌てて飛び出してこられたので

「困ります!」と言ったものの

「蹴っちゃいました テヘ^^;」

って。

飼い主さんも、「全然オッケーです。すみませんでした!!」って。

でも蹴った瞬間わかりました。

このシェパードたんも可愛いワンコなんだと。

なんだか柔らかで温かなワンコの可愛さが足に伝わってきて。

興奮したら止まらない子だったんだなぁ~って愛が湧いた(謎)

パウリーも怪我は無かったですし。。

むしろシェパードだからって私がビビリ過ぎたのでしょう。

ジャックだからって攻撃的だと思われるのは嫌だって言うジャック飼いと同様、シェパードを飼うのも大変だろうなって(まぁ・・・飛び掛られたのは事実だけど)

命は本来みんな素晴らしい宇宙の宝ちゃんですものな。。。



以来こちらの飼い主さんと楽しい気持ちでご挨拶できる関係になりました。


行け行けパウリー鋼の心臓

で、こんな事件のあとはパウリーは、ちょっと可愛かったのですよ。

蹴飛ばして撃退した後、ありがとう、と言うように私の顔を見つめたり、

帰る道すがらも私の顔を見つめたり、家に帰ってもソファーでべったりくっついて甘えてました。

で、このあと犬を怖がるとか、トラウマみたいなことがあるかなって
少し心配してたのですよ。

それが、すっかりシェパードの飼い主さんになついてしまって、

シェパードの匂いがムンムンしてるはずの敷地内に自分から入って行ってご主人にじゃれてます。



お前のその鋼の神経を商品化して売り出したいですよ~。
あの日は可愛かったなぁ~

10 CommentsPosted in 未分類

花火の夜に

08 11, 2008
茨木の弁天さんの花火の写真を携帯で撮ってみました。

本当はもっと弁天さんの近くで花火を見る予定だったのですが
お墓の掃除で行けなくなり(もう夜遠出する体力がぁぁぁ)
家のそばからの撮影です。


花火1
その1
何故か花火はわんさか写っているのにタイミングの妙で
花火一個ずつしか写せない不思議。


花火2
その2
上が大水 下が大火事(お風呂の逆?)

花火3
その3

花火4
その4
色が綺麗スね。

花火5
その5
そしてこれが今年のお気に入りの一枚。

新しい携帯は全然花火が写せなかったです。
この機種が不向きなんだろうな。。。。。




阪大病院コース

08 06, 2008
ぷるるぷるる
真夏のアスファルトは足が溶けそうな熱を反射してきます。
おかげで早朝散歩オンリーの今日この頃です。


ワンコつながりの知り合いさんに、阪大内のワンコ散歩が出来る場所を教えてもらいました。
早朝は人気も殆ど無くて、広い敷地内に緑が豊かな場所がたくさんあります。
ちょっと早過ぎるのかワンコには殆ど会えないのですが^^;;
不思議とこの阪大付近は公園周りのコースよりも涼しい風がよく吹いてきます。

気持ちいい。

学内の建物は学生の為の講義棟から動物実験棟(><)まで様々な建物があります。

謎の巨大アンテナが並びます。
巨大アンテナ
コレは一体何の研究用でしょう。
ぐるっと回ってやっと阪大正門です。
阪大
阪大病院前
正門の鉄柵では何故か軍手が干してある・・・・・。
軍手干し

シュールに白い手が阪大に手招いている(笑
ちょっと謎の空間ですわ。
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。