スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もピエールの季節がやってきました

05 21, 2010
また今年もかぐわしいバラの季節、我が家のピエール君の咲きほころぶ季節がやって来ました。
我が家のピエールのつぼみ

今年は消毒もうまくいき、害虫の被害もなく美しい花が付きました。
昨年の夏はもう、この木は枯れるのか?と怖くなったくらい実は弱ってしまったのですが、本を読んだり手探りで手入れしたら,バラの方が頑張ってくれた感じです。

この優しい色に包まれると、ああ~あの日、この花を選んで植えて良かったと心底思います。
教訓は、私の腕では無農薬は無理なんで、セオリー通りの消毒はバラのために必要である,と言う事。




そして,昨日はお隣のお嬢さんのお誘いで、彼女と母と三人で宝塚のシーズンズの庭園を見て来ました。
いくつかのコーナーに別れていましたが面白かったのはハーブコーナーとバラ園です。

入り口付近で園丁さんと目が合い、にっこり挨拶するとすごく親切に見所を色々教えてくださいました。
特に面白かったのがこの小さなお花。
バナナの香り
ピンぼけです。

この可憐な小さな花は完熟した一本のバナナよりも濃厚なバナナの香りがします。
香りのベールに一瞬密封された気がしてしまう力強い芳香。
美しい庭

こう言う、なんでもなくばらまいたように見えて良く考えられている庭って面白いですね。
イングリッシュガーデンの骨頂は自然に生えてるように見えてかつ美しく見せること。
イギリス人て面白い策士です。
開ききったバラ

これはバラ園。
つぼみが形として一番美しいとは思うのですが、私はこの開ききったクリームの渦のようなバラの中心に吸い込まれそうになるのが好きです。
とくに淡いアプリコットの渦や、我が家のピエールくんのピンクの中心の渦に一番癒されそうな気がします。

いいピンクですね

いいピンクです。
やっぱり開いた状態を写してしまう撮影者。この開き加減が好みです。

美しさはつみ~~

聖堂?の跡地を模した??石垣のバラに「ベルサイユのバラ」だの「ポーの一族」だのをだぶらせる昭和人間。
エドガーさまがその柱の向こうからバラの茎をくわえて現れそう。。。。妄想。

この日は朝だけ散歩して、パウリーには長いお留守番をしてもらいました。






スポンサーサイト
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。