スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のお使い

09 09, 2006
まず初めに…私は馬鹿なんです。
もう読んで下さる方は十分おわかりかと思うのですが、
普通に立派な社会人ではないです。
何処か非社会的なんです。
こんなことを書いたら嫌われそうです。
でも書いてしまいます。
いきなりすみません。


何の前置きかと言うと、こないだの猫の件です。
お返事がなかなか書けなくて自分でもさらっと書けなくて。
本当に猫が好きなんだなって。
で、それほどでもないとか、嫌いな人もいるこの社会で、
今犬を飼ってて猫の保護の役にも立っていない人間が
言える立場でもないのですが…。

f_050919_7.jpg


ただ、迷惑かけられたっていいから、庭をトイレにされたって、
可愛い姿を見せてくれたらチャラかな?とか
庭のお花を掘り返されたって
「またあいつか~~~~~!!」と言いながら
掘り返されるところに柑橘の皮を撒いておくほうが
その可愛い犯人(猫)が殺されたり
製薬会社の実験動物にされるよりいいような気がします。


いやすみません。
いきなり製薬会社って唐突ですが。

昔拾った二匹の生まれたばかりの子猫は、貰い手を二ヶ月ずっと探して
やっと引き取ってくれた女の子の住所は嘘っぱちでした。

「どっちの子にしますか?」
「どっちの子も捨てがたいので二匹とも下さい。」
f_phne0607_3.jpg


その人は無造作に手提げに猫を入れようとしたのでびっくりして
でも猫を飼ったことが無いのかな?
柔らかい布の手提げだからいいと思ったのかな??
今の若い子は無知なんだな。
これから一杯勉強してもらおう。
色々教えてあげなきゃな。

そんな甘いことを考えた私でした。
我が家で使っていた大きなバスケットを差し上げて、
バスに乗るその人に手を振りながら
鳴いてる子猫の声に涙が止まりませんでした。
f_phne0605_2.jpg


結局その住所に連絡はつけられず、猫達のその後はわからずじまいでした。
あんなに猫が好きで飼いたかったと言ってた話は大嘘だったんだ…。
あんな若い女の子も平気でウソを付くんだ…って。

後から同じような経験をした人から聞いた話では、
某製薬会社で実験用に子猫を集めていて
一匹5千円ほどで取引し、買い集めているとのこと。

教えてくれたその人はいわゆる都心でビルの片隅に住む猫に
えさをあげていた、無責任な人達の一人でした。

母猫が産んだ子猫の成長を楽しみに、
隠れ家の周囲に勤める会社員さん達がエサをやっていました。

ある日製薬会社が雇ったアルバイトの若い子等に
ごそっと子猫を持っていかれたそうです。
母猫はもう人に懐かなくなりました。
f_pctbr.jpg


でも保健所が持って行っても製薬会社が持って行っても
迷惑な猫がいなくなるのは同じことです。
糞尿の被害も鳴き声もしなくなって街は綺麗になります。
綺麗で綺麗で、どうしようもない街だと私は思います。

「こんなことが許され続けるなら、人間はどうしようもない生き物だ。」

f_rink918_5.jpg

人間は密集しすぎている。
人間は自然のすべてを管理できると思っている。
人間は自分の快適のためなら他の生命を犠牲にすることは仕方が無いと思っている。


ゴキブリやハエや蚊などの害虫はいなくなってしまえばいいのに、と思います。
何故こういうものがいるのだろう、と思ったり。
こいつらにエサが無いのか、可哀想に、と
台所にエサを置いてやろうとか、
血を吸わせてやろうとは思わないけれど。。。

ただ犬や猫に関して言えば
飼えば可愛いから可愛がるけれど
『野良なら殺してしまう』のが本当にどうにかならないかと思う。

えさをやった人は(飼いもせず定期的にやる人却下)
無責任にえさをやったのではなく
飼う力は無いけれど、お腹をすかせた猫の顔に
可哀想にと、ほっとけなかったんだと思う。

無責任にえさをやってはいけないと言う人も
誰かに迷惑をかけないことに一生懸命の真面目な人達だと思う。

人間は大きな存在だし、新しい技術やシステムをこんなに考えてきて、
携帯電話なんかGPSが付いてテレビも見れるのに、
近所の猫を救えないなんておかしい。

朝、劇的ビフォーアフターを見ていて
すごい家が素敵な家に生まれ変わるのを見て
人間はすごいな~と思いましたよ。

皆が少しずつお金と知恵を出し合って
野良猫の暮らせる隙間のある社会が出来るといいな。

f_050919.jpg




休日にふと庭を楽しもうとすれば
いつもの野良猫が丹精してるバラの土にオシッコをして枯れていた。
またあいつか~~~~~~~。
おいおい、今日もあいつがやってくれたよ。
あ、あいつだ。垣根の向こうからこっちを見ている。
しっしっあっちへ行け。
お、堂々とこっちを見ている。
ふてぶてしい奴だな…。

これって私の考える普通の街なのです。
猫も犬も人間の愚かさをすごく許してくれて受け入れてくれて
私には時たま彼らが神様のお使いのように見えるのです
iriyaneko14.jpg



na_rogop.gif
写真をお借りしました
スポンサーサイト
-6 Comments
By 09 09, 2006 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By クー09 10, 2006 - URLedit ]

理恵さんは全然、非社会的じゃないですよ!
心優しい正常な人です。。。
私の考え方も理恵さんに近いから「正常」だと思うだけかな?
何故かわかりませんが、アメリカで野良猫を見たことがありません。もちろん、野良犬も!
その代わり、スーパーやアニマルクリニックでは「仔犬差し上げます」「子猫生まれました」のビラが多数張ってあって連絡先の電話番号が一枚ずつ切り取って持って帰れるようになっているのを見掛けます。
みんな責任持って飼ってるから野良がいないんだなぁ…と感心していたら、うちの近所に「アニマルシェルター」という飼えなくなったペットを持ち込むところが出来ました。
月に一度、譲渡会が開かれます。しかし、ここで何ヶ月も新しい飼い主が見つからなかった場合、どうなるのか?
これは私には、まだわかりません。日本でいう保健所と同じなのか、動物愛護団体がやっているのかも知りません。
どこで情報が流出しているのか、我が家にも「一度、見に来てください」と電話がありました。多分、犬を飼ってるから電話がきたのかな?と思っています。
行けば、帰れなくなりそうで行っていません(薄情?)
何が書きたいのかわからなくなりました。
でも、理恵さんの意見に賛成だということだけ伝えておきます!

子猫の件、もし薬品会社の回し者なら悲しいですね。
そんなことしてる人間は生まれ変わったら実験動物になるんですよ、きっと!!(怒)

By yumiyumi09 10, 2006 - URLedit ]

切なすぎますね・・・。

私は、いろんなことに目をつぶって、生活しています。
犬が飼いたいと思っても、保健所にはいけませんでした。
もうすぐ安楽死させられるのであろう、犬たちを見ることが、かわいそうで、つらすぎて・・・できないから。
ましてや、その中から一匹の犬を選ぶなんてこともできないから・・・。
その中の一匹でも、救えるはずなのに、その動物たちをかわいそうで、見れないから行かないというのは、私のエゴなのでしょう。
結果的に、私は、そういう現実を見ないように、知ろうとしないようにして、生活しています。
猫を捕まえて、あるいは、うそをついてもらいうけて、製薬会社に売る人の神経は、まったく理解できません。命を愛する気持や、慈悲という気持が欠落しているのでしょう。
製薬会社の動物実験のことは、以前記事で読みましたが、本当にひどいことです。
でも、私も体の不調で、薬が必要なときに、動物実験を経て、出来上がった薬を服用して、病気が治ったこともあるのかもしれません。現実を知らないだけで・・・。
そして、毎日肉や魚を食べています。
直接、手を下さないけれども、生きていく中で、結果的に恩恵を受けているのです。そして、そういう現実を知らないようにして、それをごく普通のこととして受け入れている・・・。
人間の生活は、無数の尊い命の上に成り立っている、人間は生かしてもらっているのだ・・・と心底思います。
無駄な命はないはずです。ゴキブリも、毛虫も・・・。でも、私の周りには、いないでほしいと思う・・・。
私の心は、矛盾に満ちています。

うちの近所にも、たくさん猫がいます。どんどん繁殖するようで、最近また子猫が生まれました。
えさをやる人もいます。かわいがる人もたくさんいます。
カラスに狙われていた子猫を、助ける人もいます。
そして、猫のおしっこで、丹精した花々が枯れて、怒ることもあります。
ただ、生まれてきた猫たちの自由な生活が、平和に続くことを願うばかりです。
せめて、私のところに来た動物たちには、私のところで、楽しく生きて、私のところで、寿命を全うし、安らかに死んでいってほしいと思います。ほかの場所では、死なせません。

思うままに書いたら、長くなりました。思いは、うまくまとまりませんが・・・。
理恵さんのブログの内容とは、つながらないかもしれませんね。今日は、理恵さんの文章から、こんなことを思っていました・・・。





By すみれ09 11, 2006 - URLedit ]

理恵さんは非社会的ではないですよ。
この世の中、皆が皆「野良なら殺してしまう」と思っていないし
「自然のすべてを管理出来る」とも思っていないし、「快適のためなら他の生命を犠牲にすることも仕方がない」とも思っていないと思いますよ。
ただこの世界、特に日本は事なかれ主義の人が多いと思っています。
こういう問題に触れたくない、発言したくない人が多いように思います。
自分の考えを言うのはとても大切で、解決しないものかと考えている理恵さんを私は好きですよ。
どんな生き物とでも共存していくのが良いと思っている人はたくさん居ると思います。
私も「野良だから・・・」とかはちょっとでも思っていません。
近所に飼い猫も居ますが同じように庭を荒らしてくれます。
そして人間が偉いだなんてこれっぽっちも思っていません。
生き物すべて命は平等だと思ってます。
何処かの社長だろうが、政治家だろうが関係なく、みんな同じ空の下で
同じ命、命の重さは皆同じです。
残念なことにこの日本では保健所が保護した犬猫の飼い主が見つからない
コ達は処分されてしまいます。
中からレスキューされて新しい飼い主が見つかるまで世話をしている団体もありますが、全部のコを救い出しきることはできないのが現実です。
野良猫にご飯だけあげて良いことをしていると思っている人はもう少し考えを深くして、この先、猫が増えると捕獲されて処分をされる所まで考え
避妊手術をしてほしいのです。
増えてしまえば捕獲して日にちが経つと処分してしまう。
この法律を変えない限り毎日多くの命が邪魔だという理由で処分されているのです。
今、隣に居る可愛いパーちゃんも、ショーンも外の野良ちゃんも
皆同じ大切な命なんですよね。
大切な命が毎日失われていくのは耐えがたいです。
不幸な結末を迎える命が増えないように祈るばかりです。
今回も長くなってしまいました・・・

By 理恵09 11, 2006 - URL [ edit ]

>皆様へ

皆様に書いていたコメントはどれも本当に命を大切にされる方々からの心のこもった言葉で、私はとっても勇気付けられました。
何より、そんな方々が他にも一杯おられるだろうし、それを形にされる団体の存在も、ちゃんともっと目をむけていかなきゃいけないな、と考えさせられました。
本当のことを言えば、今回は動物がテーマでしたが、
犬猫どころか人間同士でさえ現実には命が平等に大切にされていない時代、
動物のことに一生懸命な私達は、明日の食料さえもままならない国の人々から見れば愚かかもしれませんが・・・
どの命も幸せになって欲しい、という気持ちだけは確かにここにあると感じた手ごたえが、これからもずーっと、そしてより確かになっていって、
平衡の取れた社会が築かれていって欲しいです。

コメントへのレスをまとめさせてもらってごめんなさい。
でも皆さんのお心は一つなんだな、と感じたのと
私が明日もまた出張と言うことで(爆)

皆様からの温かい感想を頂いて、今夜もパーちゃんを抱っこして眠らせていただきます。
ありがとうございました!!

By 09 15, 2006 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。