スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屠殺の真実

08 23, 2007
口の中で肉汁がじゅわぁ~~。

厚みのある肉をほおばって…

美味しい肉が食卓に上がるとそれだけでご馳走。

でも「肉」になる前はそれは「命」でした。



必見!!マトリックスならぬMEATRIX
(日本語字幕アニメが可愛い!)


動物たちが一杯のビデオ

動物たちの真実


愛犬のドッグフードに肉は不可欠だし

我が家も回数自体は減りつつも未だに肉を食べることがあります。

完全なベジタリアンになると言う決意はしたことがない私でも、

これは…これを見ては当分食べられない。

そして人間は忘れる都合のいい生き物なのでした。





誰が地上の動物を屠って食べることを許可したのでしょう。

それは聖書の神エホバです。

聖書の神が人類に「あなた方はそれを食べても良い」と言ったのが始まりです。

最初のエデンに住んだアダムとエヴァは完全なベジタリアンでした。

来たる楽園でも神は、動物を従えて、その世話を見なさい,とは言っていますが、その文章の流れから屠殺して食べると言うイメージは湧きにくく、共に暮らす、と言うイメージです。

始めと終わりの中間に、神は多重人格的に矛盾することを人類に教えていやしませんか?

楽園を追われた人間が大量消費、大量殺戮するときに、その最初は悪魔の誘惑ではなく「神の許可だったのではないか?」

そんなひねくれた読みさえしてしまう今日この頃…。




神の二重性。それはありえない、と聖書自身は言っていますが、楽園とは相反する世界に導いたのも神自身に相違ないです。

最後に屠殺されるのは人間かもしれない。



気分治しに可愛いパーちゃんを↓
夏祭り

つい先日夏祭りに行ってきました。

夏祭りのうなじ

自治会を手伝う母にカレーを食べにこいといわれて繰り出しました。
母が一生懸命作ったカレーかと思いきや、レトルトでした。
和歌山カレー事件のおかげで今時、作るって自治会も少ないのかも。
スゴイ人ごみに興奮するパウリー。何も買ってもらえませんでした。

美味しそうですね

何食べてるんですか、おかあさん。

お目々ビーム発射

美味しそうですね。ください!

お目々ビーム発射中。



スポンサーサイト
-10 Comments
By KALE08 23, 2007 - URL [ edit ]

こんちは~お久しぶりっすw
パーちゃん愛くるしいw
さっきのフラッシュで凹んだ分を取り返せました(笑)
でも、凄いサイト見つけたねぇ。
ヒヨコの袋詰め・・・かなりのショック受けました。
ヒヨコちゃん・・・|||orz

By クー08 23, 2007 - URLedit ]

確かに人間って都合がいいと思う。
この辺りでは、よく牛の放牧をみます。
親子なのか仔牛たちもお母さんのそばにいたり、仔牛同士でマッタリしてたり。。。
でも車で運ばれていく牛を見かけると夫と「売られていくのかな?食肉かな?可哀想だよねぇ」などと話しながらも、レストランに行けばステーキなど牛肉を食べてます(><;
家ではあまり牛肉は食べないけど鶏肉はよく食べてるし。。。
野菜だけだとコクが足りないような…。
中国が犬を食べると聞けば「野蛮だ!信じられない!!」と怒りがこみあげるのに、牛はいいのか?
インド人からみたら、牛を食べる日本人は「野蛮で信じられない人種」なんだと思う。
ブログ中に貼り付けられたサイト、何だか嫌な予感がして見られませんでした!
何が言いたいのか、自分でもわからないけど最後のパーちゃんに癒されました♪

By 理恵08 23, 2007 - URL [ edit ]

>KALEちゃん、ようこそ~おひさ^^
ヒヨコちゃんショックでしたか?
私怖くって見てないよ(あ、石を投げないで)
だって昔ヒヨコ飼ってたからさ…。
鶏肉大好きだからさ…(死刑)
こんな私だから見ないといけないのよね。
生まれてくるヒヨコは皆可愛い。
育てれば絶対もれなく、飼い主の声に反応して
ついてくる子になるでしょう。
誰が運命を分けるのでしょう(泣

By 理恵08 23, 2007 - URL [ edit ]

>クーさん。こんばんわ^^
リンクに飛べなかったクーさんの第六感は一級品です。
まさに羊たちの沈黙より怖い、家畜たちの沈黙です。
人間はなんて供給システムを作ってしまったのでしょう。
肉を食べるとしても、この育成はないと思う。
食べるために命を頂く、その寸前までは
家畜たちはその動物らしい生活が出来れば、と願うのは
虫のいいことなんでしょうね。
安い商品、安い商品に私たちが飛びつくのは
勿論生活にゆとりが無いからですが
じゃあどうしてゆとりがないの?と考えは飛び火していきます。

あ、でもMEATRIXは本当に、一番見やすいので
クーさんでも大丈夫です。
とても勉強になりますし、オススメです!
ご覧になってみてください。

By クー08 24, 2007 - URLedit ]

MEATRIX見ました。。。これでも衝撃を受けた私なので次へは進めません…。
アメリカの食用ブタや牛はまだ幸せなのかな?
毎日、放牧されて自由にしてますよ。
この辺だけで、私の知らないところではアメリカでも同じような牛やブタがいっぱいいるのかな?
うちの向かいの家の向こう側は牧場で外を散歩してると牛の鳴き声とか聞こえてくるんですよ(すっげぇー田舎なのです)
道を走ってても、あっちこっちに広大な土地の牧場がいっぱいで牛もブタも馬も珍しくないに。。。
理恵さんの言うように、食肉になってしまうその日まで普通の生活をしているものだと思っていたし、せめてそのくらいはしてあげないと何故生まれてきたのかわからないじゃないですか!
あぁ~、夢に出てきそうだけど。。。もう寝なくっちゃ!
真実を教えてくれて、ありがとう(^^)

By mame&tora08 24, 2007 - URLedit ]

偶然だわぁ~この記事読んで驚いちゃった♪
私も2日ほど前真剣に考えていました・・・
何かテレビを観ていて考えたんだろうけど、何のテレビだったんだろう・・・?
自然の摂理、、、?
確かに動物は分かる気がする。その日食べるものしか捕らない。狩が失敗すれば餓死し、その肉を鳥が食べる。
鳥が食べて排泄した物は肥やしになって草木が芽生える・・・
でも人間は地球に何の役にたっているのだろう・・・?
ただ・・・破滅に導いているだけにしか思えない。

な~んてっ!思っていたところだったんです♪


By caerupan08 25, 2007 - URL [ edit ]

こんばんわ~!身内のことでお恥ずかしいのですが
ウチのじーちゃんは現役漁師なんで、まさに
獲る⇒食うを生活の一部にしております。
でも、自然と一体なんですよね、じーちゃんは。

獲ったものには、感謝をこめて「いただきます」
ヒトが食べ切れなかった部分は、まとめて船に持っていって
カモメや海に住む、小さな生き物たちにばら撒くのです。

それを見たときに、命のたいせつさや、
命をいただいて私たちは生かされているというのを
すごく思いました。

ただ…
ちょっと食文化が進みすぎたというか、グルメというか、、
「食べるため」というよりかは「投売り」をしている
昨今の食べ物業界・・・
大量屠殺の現場を見ると
じーちゃんも「天罰下るぞ」とよくつぶやいています。

お話かわりますが、
おかあさんのおひざに手をつくぱーちゃん、
コパンと同じ位の長さ(笑)だなぁってw
その長い体をつかって、テーブルの上のおいしいものを
狙っているのかな?(^m^*

By 理恵08 27, 2007 - URL [ edit ]

>クーさん こんにちわ^^
早速MEATRIXごらんになって下さったのですね。

>この辺だけで、私の知らないところではアメリカでも同じような牛やブタがいっぱいいるのかな?

そうなんですよ。だってこのアニメは多分アメリカ製でしょう。。。。
動物性たんぱく質製造工場になってしまっているのです。
雄牛と牝牛が自然に交尾して子牛が生まれて緑の牧場で…そんな当たり前と私たちが思って育った牧場は、観光用や厳格な理念を守る場所以外何処にも無いんですよね。

お礼だなんてとんでもないです。
二度もコメント頂いて感謝です。ありがとうございます。

By 理恵08 27, 2007 - URL [ edit ]

>mame&toraさん 地球の大きなサイクルの中で人間の存在意義を考えさせられますね。
私も今の人間はただ寄生させてもらってる…そんな感じがします。
でも人間は本来素晴らしい管理者になることも出来るそうです。
潅木の伐採などして古くから人間が管理して手入れしてきた森ほど美しい、と言うのがヨーロッパの常識らしいし、日本でも古くから守られてきた神社や鎮守の森は美しいですよね。

ブッシュマンやインディオ、アポリジニーと言った人々の継承されてきた知恵を見直そうと言う動きに注目です。

By 理恵08 27, 2007 - URL [ edit ]

>caerupanさん すごいおじいさんですね。
でもすごいと思ってしまう私が変なのかも。
昔から漁師さんにも猟師さんにも農夫さんにも、自然との約束事が一杯あってそれが当たり前だったんでしょうね。
約束を守るどころか毒を海空陸に吐き散らしている現在、自然界の方で私たちとの約束を反故にするかもです。
祝福と恵みで人間が子孫を増やせるように、と言う約束です。

室内プールもいいけれど、夏休みは子供たちに自然を一杯体験して欲しい、と思います。
自然のすごさ、美しさ、力を忘れないで欲しい。
食べ物はバリューセットでポンと現れないんだって。
魚はスゴイ速さで泳ぐんだって知って欲しいです。

食品の投売り…まさにそんなスーパーの食品売り場です。
天罰は、来た道をユーターンしようにも戻れない、と言う形で来ないことを祈ります。。。。
毎回の食事を大切にしたいですね。

現役バリバリのおじいさんによろしく。
いつまでもお元気でご活躍ください^^

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。