スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うまま書いて

12 26, 2007
クリスマス、無事普通にご馳走など作り、美味しく楽しく過ごし、記事も更新しようかなぁ~と思いつつも、そのまま家族行事などに流されておりました。

この頃は雨も多くて、散歩に出れば雨と言う感じで、せっかくの散歩、ユーターンしても素直にお家に入ってくれるパーちゃんが愛しかったりしました。

なんでこんな可愛い子がうちの子なんだろう、だとか、クリスマスらしく色々感謝について考えながら布団に入り目を閉じて、

この子と私が出会って一緒に暮らすまでに関わった色々、その一つが欠けただけで今の生活と言うパズルは完成しないことなどを考えていました。

パウリーのママの飼い主さんだの、パウリーのおばあちゃんの飼い主さんだの、予防接種してくれた病院だの、ネットペットショップの経営者さんだの、インターネットを発明してくれた人だの、

ジャックラッセルを生み出したラッセル牧師だの、パーちゃんの毎日食べてるドッグフード関連で働いてくれてる人だの、ずーーーっと思いを馳せて「ありがとう、ありがとう」と心の中でブツブツ言ってると、真夜中の焚き火に初めて野生の犬を招き入れた原始人にまで感謝したくなりました。無限無限にループして広がっていく感じです。

誰かを好きになると出会いを神様に感謝したりするのでしょうが、パウリーを大好きになると、なんだか世界は随分狭く相互に関連してるのだと思ったり。
世界中の皆さんにお世話になってるような…なってるんですよね。

(こんな丸い気持ちになれるのは夜パーちゃんを抱きながら寝ているときだけですが。)

何はともあれ

全世界の人にありがとうと心から言える自分と出会えるなんて…そんなことは自分には一生あり得ないと思ってました。


正直、この人は嫌いだからこの世界にいらない、とか
この人のせいで戦争が起きてるからこの世界から消えてしまってくれとか
こんなことする人は絶対死刑だね、とか普通に会話に流していた人間です。

そうすると世界の何かが変わってしまって
もっと悪くならないと言う保証はないのに。


無言で電車に乗りあう通勤者同士、その疲れた表情が誰かの心の琴線を動かして、また動かしてるのかも知れない。

誰かの捨てた空き缶を見て誰かの心に何かが閃くのかもしれない。

だから

こんな私でもいてもいいんだよね?パーちゃん。

自覚は無いけれど誰かの幸せに貢献してるのかもしれないし、
これからするのかもしれないし。
憎まれて憎まれて誰かの感情を揺り動かすのも二転三転していくのかもしれない。
出来れば喜ばせたいと思っているけれど。



CAB6VBDV.jpg

パーちゃんは私のある意味師匠です。

スポンサーサイト
-6 Comments
By クー12 28, 2007 - URLedit ]

理恵さんのように優しい心の持ち主はパーちゃんやお母さん以外の人にもいっぱい愛され必要とされていると思います!
もちろん、私も理恵さんのことが好きな一人です!(キモい意味ではなく…^^;)
本当に一期一会なので出会いやきっかけって大切ですよね。
アンジーとも出会えたことが不思議だし、こうして我が家の家族になってることも縁としか言いようがないです。
でも私はまだ理恵さんのように心広く優しい人間ではない未熟者です。。。
アンジーのことも大好きだけど、憎らしい時もあれば真剣に腹を立ててしますこともあります。。。
自己嫌悪になる時も多いし、そんな世界中の人達に感謝を感じたこともありません。
それでもアンジーにとって良い飼い主ではなくても、いなくなったら困る飼い主だとは思うので頑張れます!
それに憎らしく思うとき以上にやっぱり可愛いですからね♪
だって我が家の家族ですから…(^^)
こんな私ですが、軽蔑しないでこれからも仲良くしてくださいね♪
来年もヨロシク~~(^^)/

By 理恵12 28, 2007 - URLedit ]

>クーさん、私はクーさんが言ってくださってるような人間じゃないんですよ。
書いてるように、冷たいところや怒りっぽいところなど多々欠点があるのです。
自己嫌悪に漬け込んで発酵しきった人間ですって…皆そうなんですよね。
だから、パウリーと寝てるときだけ感じてしまうこの不思議な気分に自分で感動しちゃって、こんなこと書いてるんです。
人間との付き合いだけだけでは味わえなかったこの感情が本当に自分のものになるには、パウリーと10年くらい一緒にいないとダメだろうな、とわかっているのです。
アンジーちゃんがどんな風に愛されて暮らしてるかはアンジーちゃんを見てれば感じます。
健やかに朗らかに、ふさわしいものをふさわしく与えてあげてるからアンジーちゃんの表情は聡明なんでしょうね。
でもいっつも犬が完璧だなんて、パウリー馬鹿の私も思ってないです。
飼い主のダメさをスポンジのように吸収していて…ちょっとそこは不憫な感じですがこっちのいたらなさはチュッチュで誤魔化してます。
最近母だけでなく、妹とその子供たちもとってもパウリーを可愛がってくれて嬉しい限りですw
もう今年も後残りわずかですね。
これからも犬ブログらしくないAtmosphereですが、仲良くしてください^^
良いお年を~☆(ってもう今年はこれでお別れ?^^;)

By caerupan12 28, 2007 - URLedit ]

心が洗われるようです~!
理恵さんが、思い起こすようにつづられる言葉ひとつに
共感して、一緒に自分の中にある膿も出してくれるみたい!
フランシスコ=ザビエルもはだしで逃げ出すかも~。
理恵さん、ドラクエで言うところの僧侶の役回りです(^m^*

ぱーちゃんがいて、アイスちゃんがいて、
愉快なお母様がいて、きれいな薔薇がさいて…
そんな記事をこれからも楽しみにお邪魔します♪

By なおみ12 30, 2007 - URL [ edit ]

感謝って大切ですよね。
パーちゃんから始まって・・
どれだけ理恵さんがパーちゃんを大切にしてるか・・☆
きっとパーちゃんも同じこと感じてますよ~!
「僕を選んでくれてありがとう」って。

By 理恵12 30, 2007 - URLedit ]

>caerupanさん、もう長い付き合いなんですもの。
私全然そう言うキャラじゃないでしょう?
そんな風に言われたら穴があったら入りたいです。
でも、素直にお礼を言っておこう。
ありがとうございます。
でもなんか犬といると不思議な気持ちになりますよね。
パウリーに限らず、一緒にいると
君はなんていい子なんだぁ~~って。
私じゃなくパウリーが一匹で僧侶と魔法使いと暴れん坊(汗)やってくれてますよ。
コパンちゃんもきっと同じでしょうね。
生コパンちゃんをまた一層感じられるような近さを感じるブログを楽しみにしてます。

By 理恵12 30, 2007 - URLedit ]

>なおみさん
選んでくれてありがとう、とか思ってくれてるんでしょうか。
なんだか我が家に来てくれて申し訳ない~とかは良く思うんですよ^^;
大切に、と言うなら私はパーちゃんに
なおみさんとこのワンズのような体験をさせてあげたい!
永遠の抱負になってしまってそうですが。。。
来年もよろしくお願いしますw

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。