スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し砦の三悪人 感想

05 13, 2008
隠し砦の三悪人の感想です。

友達は電話で、『理恵ちゃんは絶対観に行ってると思ってたぁ』と言われちゃいました。

母も私も嵐全員のファンだから。

そんな私の感想からすれば…松潤…え、主演なの?です。



オリジナルの前作よりも20分短く編集されたスピーディーな構成が売りの今作。

六郎太と姫が主役だったところを、山の民に焦点を変えて作られたとのことでしたが、

やはり主役は六郎太と姫だと思いました。



姫の覚悟を決めた精神的強さ

六郎太の無敵の強さ

山の民の欲と雑草のような強さ

色々な強さが描かれた前作に、姫と武蔵と言う金掘りの若者の恋?と言う新要素が加わるのだけど

時間を減らして要素を増やすと言うのは物理的に非常に難しい と言うことと、

恋ってアクションとは違って、ポン!と出して見るものを、ああ、これ恋だねって納得できるものではないのです。

ある程度の布石や時間が必要なので、見るほうにアラスジ的恋を押し付けてはダメだと思います。



監督のイメージだと思うのですが

監督は長澤さんはすごく使いたかったと思います。

彼のイメージそのものだったんだろうな、とその期待の通りに彼女はやり遂げたと思うんです。


宮崎アニメのナウシカとかラピュタのシータのような芯の強い乙女が描けていたと思います。

そこでラピュタにはパズーと言う少年が出てきて、シータを守るのですが、

松潤の武蔵はいわばパズーだったのです。


松潤はパズーは向かないと思ったな。。。

この人は華がありすぎるのです。

松潤は出来ることを最大限にやってたと思います。

でも、こう言う立ち位置の人ではないな、と感じました。

主役らしい主役をやるために生まれてきた人だと思います。

本人が望むとか望まないは関係無しです。




映画そのものは前作を全く知らないのですが、阿部寛さんがすごく頑張っていました。

立派な侍でしたよ。

もうそれは映画館で観て欲しい。

こんな侍最近の作品で観るとは思わなかった。



宮川さんも素晴らしかった。

映画観る前から矢部さんのお寿司の番組で、その着こなしを見てて、宮川さん、はまってそうだな、と思いましたが、もうソノモノ!!でした。

これから色々な作品からオファーが来るんだろうな。



松潤以外がピッタリ役にはまっていた映画でした。

松潤も別に悪くは無いんですよ。

ただ、なんて勿体無い使い方なんだろうと……。

松潤も勿体無いし、作品としても勿体無い。

エンディング曲はナウシカを見習っていっそ使わなければ良かった。





スポンサーサイト
-2 Comments
By ふるいかめら05 14, 2008 - URLedit ]

調べてみたら黒澤映画のリメイクなんですね。
元のほうも観た事がないので、比較して観ても面白いのかも
と思いました。
戦国時代のお話なんですね。
それだけでちょっと興味が湧きましたw

松潤のはまり役は、やっぱり花より男子?!

By 理恵05 14, 2008 - URLedit ]

松潤は武蔵役を頑張っていたと思いますよ。

ただ、花より…は時間をかけて彼の役になったんだと思います。
ドラマが終ってもずっと道明寺は松潤の中で大きな存在だったらしいので、比べられないですよね…。

映画館に行ったとき、会場はシルバーシートさながらにおじいさん、おばあさんが殆どでした。
朝一番で観に行ったせいかも(笑

懐かしの黒澤映画を忘れられないのか、終って即座に立ち上がり映画館を去っていくお客さんも何人かおられました。

近作は何も考えず娯楽作品として観るのがいいかと思います。



Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。