スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュールな地震の夢

10 20, 2009
今日は地震の夢を見ました。
津波の夢はしょっちゅうですが地震は滅多に見ません。
そして場所が我が家と言うのも初めてで面白かった(といっていいのだろうか)
夢と言うのはものすごくシュールで、そして短い時間に長いお話があったりするのがなんとも…

今朝六時半の携帯のアラームがリビングで鳴って、目をこすりながら止めに行き、またベッドに戻ってパウリーをなでなでしてたら二度寝してしまい起きたら七時半。
そんな一時間の間に見た夢でした。

母と妹と私の3人がリビングに居て、地震で部屋がグラグラと揺れています。
部屋には子供時代に我が家で使っていた応接セットがあって、その椅子にしがみつくのですが、椅子ごと二回転倒してしまいます。
「ぐるっと回ったね!」と妹がいいます。
家は大丈夫だろうかと思いつつまだ椅子にしがみついていると、今度は家ごと真横に一瞬倒れてしまいます。
また反動で元に戻って私の部屋から外を見ると、白い服にオレンジ色の救命胴衣とキャップをかぶった人々が大勢溢れ出しています。
そのうちの一人が我が家に近づいてきて何かプリントを渡そうとするので、窓を開けたらパウリーが飛び出してしまうのです。

「パウリーーーー!!」
いつの間にかパウリーまでオレンジ色の胴衣を着ています。
同じように真っ白な体にオレンジの胴衣でとけこんでしまいそうです。

慌ててプリントも見ずに外に駆け出して追いかけますが気付くと私は浴衣の寝間着で、そして私までオレンジ色の救命胴衣を着ているのです。
外には人間だけでなく、コーギーやダックスなどの犬達もオレンジ色の救命胴衣を付けて歩いています。
パウリーはいったんは私の方に戻ってくるのですが、すぐにうれしげに何処かに走り去ってしまいます。
この中の誰かにパウリーがさらわれたら大変だと、浴衣なのもあきらめて、裾をけたぐって走りますがパウリーはいません。

パウリー!パウリー!
何度も何度も叫んでは角を曲がっても白い服にオレンジの救命胴衣を着た人と犬ばかり。。。と言う夢でした。

目が覚めて私は本番?あんなに大きな声が出せるんだろうかと布団の中で同じトーンでパウリーを呼んでみました。

やばい。
声小さいかも。

パウリーは呼んでも起きもせずにグースカ寝ています。
狸寝入りなんでしょうか。
まぁ、居てくれてよし、であります。




後から検索で夢占いのオレンジ色を見てみると、オレンジ色は豊かさや希望を表すそうです。
救命胴衣って、だからオレンジ色なのか?なんて。(目立つからでしょうな)
少し色に救われました。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。