スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震雲の信憑性

10 26, 2009
整列する雲
先日見た整列する雲 地震雲 あばら状のやつ。
その日家で気象庁のサイトに飛んで日本の上空の雲を12時間分眺めた。
しましまの雲はかなりの範囲で近畿にかぶり、東海、そして北東へ進みました。

「このあばら雲大きいなあ~。大きすぎて地震雲じゃないな。」と私は思いました。
(そんなの日本中が地震になっちまう。)
でも地震は小さなエネルギーの放出ではあったけどまさに各地で起きたのだった。
ちゃんと雲の下の広範囲で。

一昨日朝地震に会ってテレビを付けて出た字幕。
京都南部
和歌山
愛知
東海
それぞれマグニチュード3、だったと思う。
不謹慎だが被害の無い規模なのであえて言わせてもらうなら、面白い程色々な場所が同じ時期に揺れたのだ。




10/23 10:28 36.6N 141.2E 40k M5.0 茨城県沖(関東) (分析省略)
10/23 18:31 37.1N 138.7E 10k M3.2 新潟県中越地方(中部)
10/23 20:18 37.1N 138.6E 浅い M1.8 新潟県中越地方(中部)
10/24 03:27 35.6N 139.8E 70k M3.2 東京湾(関東)
10月25日05時55分 25日05時50分頃 京都府南部 M4.0 震度2
(東海アマチュア無線さんより)

私が体感したのは京都府南部の奴ですね。

気象庁で過去データを見てみる。

近畿地方では地震はほぼ毎日マグニチュード1、2クラスはあるけれど、あの地震後の二日、三日後はマグニチュード3が雲が重なった部分に発生している。


大きな地震程、雲の発生から地震が起きるまでにラグがあるらしいけれど、
小さい規模とは言え、まさにあれは地震雲だったと言う事だ。
広範囲の地震雲
広範囲の地震。

空を眺める事に意味はあったわけだ。。。。。



スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。