スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁と舅 その後の新展開

11 20, 2011
ロザリア家でなんとまあ、新展開があった。
お舅さんとの戦争?が激しさを増す中、内気?なロザリアもついに旦那さんに「もう離婚じゃあ。」と言ったらしい。
私は、離婚とかっていきなり旦那さんに切り出すんじゃ無くって、日々ある辛い事を旦那さんにもっと打ち明けていった方がいいよ、と言ってたんだけど。
一気にゴーーーンと放出しちゃうのがロザリアっぽいと言うか何と言うか(汗)

けれど驚いた事に、我関せずののんびりおぼっちゃまが、「だったら別居も考える。」と言ってくれたのだ。
別居は絶対旦那の方は言ってくれるまいと思っていたロザリアは、鳩に豆鉄砲くらったみたいに驚いた。
(マジかよ~~~~)
うれしさ95%。
え~…じゃあ、結局じじいとは離れられないじゃん、が5%。
と言うのがロザリアの正直な気持ちだったらしい。
もう、本気の本気でおじいさんが嫌になってしまっているのだ。

で、そのことをお義姉さんに話すと、息子がそんなことを言ったと知ったらお父さんはショックで寝込むから絶対言わないで、と言ったらしい。
それはまあ、そうかもしれない。
兄弟の中でもロザリアの旦那さんは末っ子で、「○○さん、○○さん、」とおじいさんにさん付けでよばれてはいるが、目の中に入れても痛く無いような可愛がり方らしい(いまだに)

ロザリアの誕生日などは「ふ~~ん、そうか。」で終わっておめでとうの一つもないらしいおじいさんが、旦那さんの誕生日には、『今日は○○さんの誕生日やから、赤飯を炊いたってや~。で、ステーキのええ肉したってや。ほんで、ワイン、赤ワイン買うてきてや。」とロザリアにお金を渡すらしい。

で、ドケチのロザリアが安いワインを買って来るとじーーーっと見て、ちょっと不満げな顔をする(笑)
毎月、自分の食べる分などの生活費をあげると言ってた金持ちのお爺さんが、渡してくれたのは最初だけで、後はずーっとロザリアが工夫と苦労を重ねてやりくりしてるので、そりゃ、珍しくもらったお金は有効に使いたいわよね(ぶはは)

でも、そんなこんなで、旦那さんと言う、実質戦力にはなりそうも無いけれど、心強い?味方も出来た事だし、ロザリアの心境は大分変化したようだ。
おじいさんに耐えるばかりだったロザリアが、最近はおじいさんに言い返していると言うのだから。
でもね、やり過ぎてお互いどんどんエスカレートしてはいけないので、どこかで手をお互い打って、お開きに出来るといいですね。

おじいさんの束縛病が治る事を祈って。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。