スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい世界

03 09, 2006
昨日までの私と今日の私は違う。
なにしろ体の中の細胞からして違う。
そして人は日々進化する。
家族のお陰だったり本のおかげだったり犬のお陰だったり。


犬や猫を飼えるという町は平和で食料も豊かで人の心も自然を愛する余裕がある。

いや、余裕なんかで自然を愛したりしない。

自然が無くなれば人は生きていけないんだから。

パウリーのお陰で犬の賢さ、命のたくましさ、前向きさに影響を受けました。

犬を飼って本当に良かった。

そして犬を飼う大勢の素晴らしい人々と出会えて本当に良かった。

今日だけ私はここに自分の夢を載せます。

ミクシの私のプロフィールです。

プロフィールと言っても私の経歴ではなく未来の夢です。

こんなことを恥ずかしげも無く書けるのは匿名だから。

ネットの良さは匿名でしょ??

思い切り書きました。良かったら読んでください。

そして明日からまたパウリーの日記を書きますので。
060307_1538~0001.jpg

一分ごとに膨大な緑が失われている。緑は私たちの命。これのおかげで酸素、食物、優しい木陰、治水、安らぎ、美を享受している。樹がたくさん茂ってて、壁からも天井からも樹が生えていて、小鳥や動物も暮らしてるような、家から家に歩く途中にも公園があるようなマンションを建ててみたい。中心には大きな温室のようなサンルームがあって、美味しい果物がなるような、サボテンや蘭も咲くようなマンションを建ててみたい。そのマンションで色々なことがまかなえるといい。食料の一部も自給できたり、自然から学ぶ体験、恋人同士のデートコース、住む人にとって何よりの場所になれたらいい。
屋上から自動で給水撒布出来るシステムにして、 地盤に浄水機能を完備して。古代バビロンで神が打ち砕いたと言うバベルの塔の空中庭園、あれは豊かな緑が生い茂っていたと聞いたことがある。古代の人に緑が必要なら今の我々にはもっと必要だ。どうせマンションが建つんなら、こんなマンションが建てばいい。

水を利用するならば自然と腐食の問題、重量の問題と向き合うことになる。だが、今のマンションはただ不器用に立体を空間に置いただけで、その大きさ、規模が与える影響を配慮されていない。
大きなマンションが建つということは、ただの家ではない、居住区ではない。丘が、小山がそこに出来るくらいの環境への変化が発生する。水分を含んでいた土地は強制的に乾燥され、緑は剥ぎ取られ、風の流れは変わる。そこに住む人間はストレスにさらされ、病気を生み、社会の生産効率は下がっている。

携帯電話の異常な進化は、携帯電話の普及が大きな利益を生むと思われているからだ。そこに知恵と努力が集積されたからだ。後に起きる多くの社会問題を度外視して、短期利益への志向がこれほど便利でコンパクトな携帯電話を普及させた。『利益になる』と思えば人間はこれほどの変化を起こす力があるのだ。

環境に調和した集合住宅作りが空洞化する都市への一石、解決策の一つになると思う。四季を持つ日本が世界に先駆けて大々的に行って欲しい。すでにニューヨークなどの都市でも一部の屋上の緑化などが行われている。愛知博覧会を博覧で終わらせず国家事業になることを祈る。

あと、世界中のアスファルトを地面に水を浸透させるタイプに切り替えて欲しい。雨水は表面を流れ去るのではなく、大地に吸い込まれ地下の水脈に届いて川から海へ帰る必要がある。

子供の学校の授業には、第一次産業の実技(農業、林業、漁業)の体験授業と、伝統工芸の体験授業、現代にマッチした家事の実務、コミュニケーションにもっと時間を使って欲しい。数学を学ぶ、理科を学ぶ、その延長にはどんな意義があるのか、もっと前向きに子供に教えて欲しい。おつりの計算さえ出来ればいいんだ。勉強なんて受験のためのテクニックなんだと言われて誰が勉強してて楽しいだろうか。関数を学べば宇宙軌道上からちゃんと地球に帰還できるよ、くらい言って教えて欲しい。

世界中から死刑を無くして欲しい。
死刑囚の人には地雷撤去のために働いて欲しい。

世界で神のために祈る時間を必要とするなら、身分を越えて世界中でいっせいに掃除の時間とか緑化の時間でも作ったらどうだろうか。

世界がよくなりますように。世界がよくなりますように。自分が駄目でも祈る資格があるのかないのかなんて問題じゃない。

世界がよくなりますように。



犬のこともいいけれど、私には夢があるし願いもある。
それは大多数の人々となんら変わらないもので、また大多数の人が残念にも語ることをやめた夢です。

そんな夢を語ったら恥ずかしいとか幼稚だとか、そんな評価が怖くて今まで書かなかったのではなく、自分のほかのことに必死だったからですが。

夢とは幼稚なものです。
何故なら子供だけが純粋に夢を語れるんですから。
でも天の王国には子供の心を持った者だけが入れるのです。
私はプロフィールに夢を書きました。

自分にそんな力があるとか無いとかは関係なく、大勢の人がそうなればいいな、と共感してくれて、そんな人々が増えていくことで実現すれば十分なのです。

ただ、その夢の実現のために私も何か出来たと思えるには、こうして心にあることをきちんと言葉にすることでしょう。
そして同じ夢を持った人が同じ思いを私に聞かせてくれれば何よりです。



スポンサーサイト
-4 Comments
By クー03 09, 2006 - URLedit ]

何度も書いては、消してしまいました!
長くなってしまうから・・・。
大きな夢だと思いました!素晴らしい発想だと思いました!
理恵さんって、すっごいです!!
世の中が、理恵さんの夢の方向へ進んでいくと理想ですね。
戦争をしている人も、テロリストだって根本は「世界を良くしたい!自分の国を住み良い国にしたい!」と思ってやっているんだと思うんです。願いはひとつなのに、やり方がそれぞれ違ってお互いが理解できないから、また争いが起こるんですよね。
難しい問題ですが、みんな同じ方向をみているのは、間違いないんです。そこに自分たちの損得が絡んで譲り合わないから解決しないで、力で押し通そうとするんですよね。
いつか、みんながそのことに気付いて、手を取り合っていけるようになるといいですね。
何かいてるかわからないまま、また長くなってしまいました。。。「死刑囚に地雷撤去を!」というのは、素晴らしい発想だと思いました。是非、やってほしい!!!

By 理恵03 09, 2006 - URL [ edit ]

クーさん、コメントしづらい記事だったと思います。
こんなにきちんと書いて頂けて恐縮かつ非常に嬉しいです。
私も匿名でもこんなことを書くのは青いし、偉そうに書いても政治家でもあるまいし、と思うのですが、ネットはこんな風に使うのもありだと思うのですよね。
アメリカのクーさんと日本の私が顔も知らない同士でこんな濃いお話が出来ることも素晴らしいと思います。
それぞれの国の事情もあることと思います。
血の通った人間一人一人の選択で今の世界が出来ているので事態は複雑ですけれど、クーさんの仰るとおり、一人一人が手を取り合って気付き合えればいいですね。
死刑囚に地雷撤去は、「死刑」にすること自体に意味がないと思うからです。
命の意味、人から奪った命の重さなどを感じて欲しいし、また撤去したことでその人が誰かから感謝されればいいな、と思いました。感謝される体験は人を帰ると思うからです。
もちろん私がもしも死刑囚になれば、ただの死刑ではなく地雷の撤去をさせてもらいたいと考えています。
簡単に発言していい事なのかわかりませんし、本当は地雷を埋めることを決めた人達にも撤去して欲しいんですけどね。。

By mugimama03 10, 2006 - URLedit ]

とっても大きな夢。そして実現したい夢ですね。
はっきり言って戦争が起きるなんて、とっても馬鹿馬鹿しいし、そんなことをして得た幸せってって私は思ってしまう。
キレイ事だと言われても、私だけはそう思っていようって。
理恵さんのブログを見て、みんなそう思ってるけど口に出さないだけか..とちょっとホッとしました。
そうですね。世界がよくなりますように..願い続けましょう。

By 理恵03 10, 2006 - URL [ edit ]

mugimamaさんやクーさんや私のような普通の人間が考える”幸せ”と、戦争で利益を得ている人々の考える幸せは種類も感度も違うのかもしれません。
日本の豊かさも実は発展途上国の搾取の上にあるとしたら、私たちの節約しながら犬を飼ったりたまには旅行、なんてささやかな喜びも規模は違えど悪なのかもしれない。
でも兵器を売って財をなして、それを世界からの搾取だとしても当然のこととして生きる人々もいるということですよね。
人の意識が変わればテレビ番組のプログラムも変わるし、新聞が扱う記事も変わる。
人の意識で世界が変わる、それも非常に短期で結果の出る社会に今生きているので、本当に一人一人の存在意義は重くなっているのだと思います。
たまに大真面目にブログを書いてみるのも、そんな人が増えることも、すべての人が情報の発信であるブログには意味あることだと思っています。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。