スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通に犬を飼っている

03 13, 2006
メリアままさんの記事にトラックバックです。
私は鈍いので世も残してた記事にこれを見つけてちょっとショックでした。
いい記事をありがとうございました。私の記事は読まなくてもこちらの記事は見てみてください。是非に。


犬を飼う女性も増えていて、飼ってみれば単に「犬」「ペット」と言う以上に家族になってくれるワンコの賢さ、魅力に気付いていく人が増える反面、

何かの事情?で飼えなくなる人もいる。

飼えなくなって飼育を放棄する人は、そんなに悪い人なんだろうか。

ごく普通の人で、飼ってみたくて飼ってみたけど(変な日本語ね)

そしたらスッゴク大変だった!!

と言うことでしょうか。。


我が家ではずっと色々なペットを飼ってきました。

前回我が家にいたシーズーもチンチラもおよそ16年生きました。

ほぼ母と私の二人で世話を見てきたのですが、飼って来れたのは努力でもなんでもなく、比較的楽に飼える環境だったからだと思うのです。

うちが無類の犬好きだったとか、すごく心優しい人々の一家だったとか、飼うのが上手だったとか、「全く無い」わけです。
(むしろ不器用に無知に横着に、そのときどきで犬や猫に不便や迷惑もかけてると思います。)

普通に犬が飼える。
犬と暮らせる喜びを味わえる。

ついつい当たり前のことにしてしまうけれど、たまたま大きな障害が今まで無かっただけで。

これだけたくさんの犬たちが不幸な死を迎えたと言うことはそれだけ多くの人が犬を飼うことに挫折したんですよね。

理由はさまざまで、こんなはずじゃなかった、のでしょうね。
理想は現実とは違った!なんてことも、理想に近づくための方法論の情報不足と不安、根気負けだったのでしょうか。

だからと言って犬をこんな風に扱っていい訳は無いのですが;;

かつて犬を放棄したことを何とも思っていない人は少数派だと思います。

心が痛んで苦しくてもう犬を見ることすら辛い人大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

罪も無く死んでいった汚れない犬たちの魂は、魂のふるさとに帰って、ちゃんと神様の愛に包まれていると思いたいです。

そうして犬を飼うことに挫折した人達が、いつかゴメンねと心から犬と向き合って、今度は大切に家族として犬と一緒に幸せに暮らせる日が来ればと、心から願っています。

人は必ず変われるから…。



一緒に暮らしてみれば、犬はまさに生き物で。うんちしっこうんちしっこ…♪
でも好きになればホカホカのうんちを拾うことすら幸せになってきますよ。(これを読んでる人は犬好きさん殆どなので今さらですね^^;)
スポンサーサイト
-13 Comments
By MoMo&MoMoママ03 13, 2006 - URLedit ]

先日はご訪問いただきましてありがとうございました♪
はじめまして、子猫のMoMoとポチたまオーナーのMoMoママといいます。
ネコ初心者のMoMoママとしては 今日の記事はとても考えさせられる内容でした。
私はそんなに深く考えているわけではないのですが、
なんといっても猫と二人暮しなので 私にもしものことがあったら‥
と考えると不安がいっぱいです。

また、遊びに来させてくださいネ!

By oikawa03 13, 2006 - URLedit ]

考えていた以上の大変さっていうのは、実体験してみないと分からないもんなんですよね。
きっとどんな事においても同じなんだと思います。

特に動物に関しては、気構えも大事なんだろうけど一緒に生活できる環境が備わっているのかが重要だったりするのかな。

By 理恵03 13, 2006 - URL [ edit ]

はじめまして、MoMo&MoMoママさん^^
猫ちゃんを飼ってらっしゃるんですね。
うちも昔犬&猫の時代があったので猫好きですv

飼い主に何かあったときペットがどうなるのか、
そんな保険があればいいですね。
飼い主がもしも事故による怪我や三大疾病などにかかったら以後の保険料は頂きません、で
希望に応じて新しい飼い主を探すとか、お世話代をくれるとかだと嬉しいですね。
あ、つい飛躍して考えちゃったv
ハイ、また遊びにいらしてくださいね。

By 理恵03 13, 2006 - URL [ edit ]

こんばんわ、oikawaさん
今幸せでメロメロでラブラブなoikawaさん。
ふふふ^^マイロちゃん可愛い~~。
実体験してるってわけですね。
我が家ももうワンコさまの影響で滅茶苦茶になってます。
ただ、目茶目茶になる前と大差無い環境と言うのがいい点なのでしょうか。。

ワンコのための環境整備、飼う前によーく考えねばデスね。
(買ったケージが小さかった人)

By クー03 14, 2006 - URLedit ]

メリアママさんの記事も読ませて頂きました。
私は、前にネットで「保健所で飼い主のお迎えを信じて待っている犬たち」という写真集のようなものを見たことがあります。その写真の犬たちも、カメラマンの人の手をペロペロしてみんな綺麗な目をした人懐っこそうなワンちゃんたちでした。真ん中には、大きな箱に入れられた食べきれないだろうと思われるくらいのたっぷりのドッグフード・・・「この子達の最後の晩餐」とあり、いつでも好きなだけ食べられるように置いたままだそうです。「そして、この2日後にこの子達の命は消えていきました。このキラキラ光る目に会うことは二度とないのです」と結ばれていて涙が出ました。
アンジーも、最初に飼った飼い主さんが先住犬と相性が合わないから手放すという可哀想な生い立ちがあります。
万が一、誰も引き取り手がなかったらどうなっていたのか?
前のオーナーさんのことは、よく知っているのでそんなにひどいことはしないと思いますが、切羽詰ったらわからないですからね。たまたま、アンジーは我が家にやってきましたが、これも偶然の出会いだったわけだし、今の環境がアンジーにとって幸せかどうかは、私達にもわかりません。
長くなってしまいましたが、私にとってこういう話しは他人事ではないので、旅先から長々と書いてしまいました。
すみません。。。

By HAKKAママ03 14, 2006 - URLedit ]

生き物を飼うと、答えの出ない究極の問題に行き着いてしまうことが多いですよね。
私もHAKKAを最後はほとんど勢いで飼ったようなものだし…。
もちろん勉強したり、心構えを持ったつもりで居るけど実際に問題にぶつかっちゃうとどうしていいか分からないことが多くて。
無責任に放り出せたら楽なんだろうけど、やっぱり幸せにしてやりたいし、自分もその中にいたいですよね(笑)
ブログを見ていていろいろ考えてしまいました。
でも、答えが見つからなくても、生き物の幸せになる方法を考えていけれてらいいな~って思ってマス♪

By 03 14, 2006 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By すみれ03 14, 2006 - URL [ edit ]

はじめまして。
突然おじゃまします。
実は私、パウリーくんの兄弟の飼い主すみれと申します。
男の子で名前はショーンといいます。
ネットのペットショップでの写真で名前を知り検索した所
こちらにたどり着きました。
ショップはパウリーくんと違う出身ですが確かに鹿児島産の兄弟です。
ショーンは千葉のショップです。
話題が違うのに割り込んでしまってすみませんでした。
兄弟犬を見つけてつい興奮して書き込んでしまいました。

By 理恵03 15, 2006 - URLedit ]

クーさん、私も最後の晩餐読んだことあります。
最後って…人間が決めちゃうのが悲しい事だと思います。
アンジーちゃんがクーさんとこに来た経緯を知るに付け、クーさんが益々好きになりました。
私もパウリーは一目ぼれですが、前飼ってたチンチラは会社の近所に住む人が引越しの際、置き捨てていった子らしいです。
そうやって人に引き取られる幸運な子ばかりではないし、
なんとか犬や猫、ペットたちの幸福につながることが出来ればいいですね。
ご旅行は楽しいですか?^^元気なお帰りをお待ちしております。

By 理恵03 15, 2006 - URLedit ]

HAKKAママさんこんにちわー☆
犬を飼ったお陰で色々お勉強させられますよね。
この小さな生命が勉強嫌いの私を変えた!と言うのも過言で無いです。
で、実際の問題にぶつかってこれから困ることもあるんだろうな;;
>やっぱり幸せにしてやりたいし、自分もその中にいたいですよね(笑)
そう!これ、これですよね。
一緒にいられるほうが投げ出すより結局幸せな気がいたします。
そしてワンコも人も成長できるような…成長したいなぁ。

By 理恵03 15, 2006 - URLedit ]

はじめまして、すみれさま。
ではショーンくんのママはあの元気ちゃきちゃきのチャチャちゃん?
ではその血をついで、めちゃめちゃヤンチャ決定ですねv
(会ってもいないのに決定v)
ご訪問嬉しく思います。
何も無いところですが、また遊びに来てやってください^^

By mugimama03 15, 2006 - URLedit ]

私もクレアを買いました。
「-犬が好き」のシリーズはほとんど買ってます。
でも、必ずそういう違う意味の記事が載っていて、毎回考えさせられます..
私は小さい頃から犬が大好きで、ずっとMIX犬を飼ってました。
麦の前に飼っていた犬は、私の上司の家で産まれて引き取り手がなければ保健所という犬でした。
6匹産まれて、幸せなことに全員もらわれ保健所に行く子はいなかったのですが、もし引き取り手がいなかったら..

今は専業主婦ですが、いつか犬のレスキューのようなボランティアに参加したいと思っています。

By 理恵03 15, 2006 - URLedit ]

mugimamaさん、こんにちわ^^
私はクレアがそんな雑誌とは露知らずだったのですよ。
今度図書館でバックナンバーを読みたいと思っています。
うちもパウリーで4匹目(私の子供時代から数えて)なのですが、Mixは血統書つきの犬に勝るとも劣らない優れた特質を一杯持っていると思います。
種、と言う前に一匹一匹の個性を重視する選ばれ方が主流になるといいですね。
(パウリーの場合は私がパウリーに恋してしまったので説得力ありませんが)
犬のレスキューのボランティア、素晴らしいと思います。
そう言うボランティアの存在自体、もっともっと知られていくといいですね^^

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。