FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勝手な幸せ フンフン♪

11 26, 2005
nekonoyuona.jpg

丸顔^^なインコ


新しく携帯を買った。
動画も撮れていい感じ。
アイスさんをもちろん撮る。
でもいざ動画、と思うと動いてくれない。
アーイス、アーイス、と呼びかけてなんとか保存。

後から開いてみてみると、私赤ちゃん言葉になっている。
「あーいちゅv あーいちゅv いいこちゃんでしゅねーvv」
私の声が残っている。
すごい馬鹿だなあ^^;




肩に乗せてパソコンやってたら
一杯うんちされました;;;

日向ぼっこでフリーズ

11 22, 2005
特技:片足上げてフォ~~~~~~!!

やっぱ牛乳でしょ♪が真実かどうかは別として骨は基本だ。骨にはカルシウムとビタミンDだ。最近ボレー粉を自分でつつくアイスバーグさん。カルシウムはオッケーーー。次なるはビタミンD,日向ぼっこである。
 ペットショップで育ち、我が家に買われ、そして日向ぼっこデビュー。いつもピヨピヨ高らかに元気なアイスバーグさん。さぁ、日向に出ればどんなに大喜びするだろうと思いきや、

カキーーーーーーーン


フリーズしたように動かない。


滅茶苦茶緊張している。


気持ちの良いそよ風も、温かなお日様のぬくもりも初体験のアイスバーうグさん。凍ったように動かない。


「おいおいおい・・・・アイスサーーん。」
呼べども「ピヨ」とも言わない。時折遠くから犬が吠える声がする。それに耳を澄ましますます身を硬くする。ああ、箱入り息子。

しかし日向ぼっこは大事である。鳥かごのお掃除と我が家のお掃除の間は、赤いマーチの上に新聞紙を敷いて(ネコ対策)お日様の下でアイスさんを日向ぼっこさせる。時には私もイスを取り出だして日向で本を読む。私はしみそばかす紫外線対策は気にしていない人^^;そうして仲良くアイスさんと時間を過ごす。読書の合間に(この日は谷川俊太郎の『愛のパンセ』)声をかける。
日向ぼっこ4日目でもアイスさん無言でフリーズ。

だが今日は違った。我が家の両隣の人たちが家から出てきていて、アイスさんに注目。

「おお~可愛いね。」
「綺麗な色やねえ~。」
「今の鳥小屋は凝ってるねえ。」
「知ってるかい?こいつら相性が難しくてつがいにしても相手が気に入らないとオスがメスをいじめよるんや」
「ええええ~~~;;;」
「もうすっかり手乗りですよ。」
「楽しんでるなあ。」
すごいインコで盛り上がる。

「Mさんもインコ飼いませんか?」とMさん(主婦)に勧めれば、
「Mさんは無理や。死なせてしまうわ。」と、隣のHさんのおじさん。
言いたいこと言い合えるご近所付き合いである。いやはや凄い^^;

すっかりギャラリーが盛り上がる。
そのとき、借りてきた猫だった、いや借りてきたインコだったアイスさんから「ピイ」と声が。
「あら、鳴いた。」
「おおお、可愛い声や。」

「アイスさーん」
「ピイ~ピヨピヨ」
たくさんのお客さんに褒められまくったのが良かったのだろうか??
アイスさん歌い始める。
「可愛いね~。」皆に喜ばれる^^;;;

家に鳥かごを戻すとアイスさんフリーズから完全回復。

「ビジュ~~~~~ピイピイピイピヨ~~~!!」わわ、うるさww
さっきまでとは別キャラである。全くインドア派のインコである。



なんだか臭い?

11 16, 2005
我が家に来て手乗り修行も三週間に突入したアイスバーグさん。
甥っ子、姪っ子の愛情あふれ過ぎる攻撃にも耐え、今日まで無事に生きています。
はぁー、マンションに住んでて動物とのふれあいに飢えているんだなー。

妹の言葉じゃないけれど、ペット飼わせてあげたいです。出来れば、彼らには犬とかネコとか、多少のことでは死にそうにない丈夫なのがお薦めなのだけど、生き物ってはかないんだよ、大事にしてあげて、ってことを小さなうちに教えるのもいいのかもしれない。

すぐ話が横道にそれますが、アイスバーグさんは元気です。私の肩に、指に、頭に(これちょっとこわい。ぶちゅっと糞をされたら・・・)乗ってハミングバードよろしく歌ってくれます。インコってなんて可愛いんだ、と今まで知らなかったインコのソウルフル(笑)な魅力にめろめろです。

ただね、気軽にひょんひょん体に乗ってくれて、結構な時間共に過ごすので爆弾も投下されます。サッと取ってますし、気配を感じたらさっと巣(カゴとかカゴの上)にもどしたり、ティッシュを持っておっかけたり。でも必ず一回は爆弾投下。最近はアイスさんをカゴに戻してからも、ふと、自分の服が濡れてるのに気付くと、これはお皿を洗って濡らしたのか、さてまたは、アイスバーグさんが残していったアレかしら、としばし考えます。で、クンクン、と匂ってみるけれどわからない。大量に濡れてれば、まずインコではないけれど、ちょっと水がかかった・・・・そんなのが一番わからない。

こないだペットショップで色々なインコ専用の飼料を見比べていたけれど、中には「糞が匂わない!」をうたい文句にしたのもあった。さらに言うならその餌は、「レモンの香りつきでお部屋はさわやか」・・・笑った。いや、買わなかったけれどね。

今日の写真は甥っ子R太クンとアイスバーグさん。アイスバーグさんはR太と妹のあやにょをちゃんと見分けていますよ。まだ人間じゃない(幼稚園児は皆可愛くても猿w)あやにょの愛情アタックから上手に逃げています。そしてR太のことはかなり好きらしいです。

らくがき
んまー!ひよひよなアイスバーグさん



↑やっぱり写真はまずいよね、と言うことで下げたのだった。

マニュアルに無いツボ

11 10, 2005
アイスさんを買う時にペットショップの店員さんが、これを参考にしてください、と一枚の紙切れをくれた。
B4を二つ折りにした二色刷りで何やら餌のやり方などが書いてあるらしい。
こちらもペットは色々飼ってきたので、これで、何も本を買うことは無いだろうと家に帰った。
買って帰ったインコグッズはむき餌の「ニューペットリン」、総合栄養バランスフードの「フォーミュラー3」、水槽の底に敷く広葉樹マット。どれもペットショップで使用しているのとまったく同じのだ。
 自宅に帰って、昔亀やカニを飼った水槽を綺麗に洗い直して日光で干し、広葉樹マットを敷く。そこにひよひよのアイスバーグさんをそっと乗せ、安全を確保してからえさの準備をする。
小さなココット型にむき餌とフォーミュラを混ぜるが、比率がわからない。実は店員さんに聞いたのだが、その人は「これ(ぺらぺらのパンフ)見てください」と繰り返すばかりで、きっと鳥担当じゃないんだな、と思ったものだ。なので適当に混ぜ混ぜする。お湯を加えてフォーミュラのダマをつぶすように均等に混ぜを繰り返し、「さぁ。アイスバーグさ~ん♪」

ぱく!

「おお、食べますね~。」
ものすごい勢いでスプーンをかじるアイスバーグさん。インコ特有の曲がったくちばしはスプーンの縁から餌の粒を缶切りのように咥えて食べる。(その調子その調子)
 まだ羽も全然生えそろわない、ウブウブのヒヨヒヨが一生懸命えさを食べる姿は強烈に可愛い。脳天から「可愛いぃぃー!」と叫びたくなる。いや、時折叫んだ。
 だがここで問題が。一つはものすごく食べるのが下手で、かなりこぼし、口の周りや胸毛?を餌粒だらけにしてしまうこと。混ぜてある粉のフォーミュラが羽にカパカパにこびり付く。
 第二に、餌が冷えるとぴたっと食べなくなる。もう10月の終盤で特に寒さが強い時期だったので器に入れたお湯がすぐに冷めてしまう。食べるのが下手くそなアイスさんに満足に食べさせるためにお湯を一回の餌やりに付き4回くらい取り替えていた。(う~ん、湯煎にすべきかな。)思いつつその日は終了。
 インコは寒さに弱いですよ、とだけ注意されていたので昔の一人用の電気アンカを下にして古いフリースのハイネックですっぽり包む。これで凍え死にしないだろう。
 内心過保護じゃないの?と自分に突っ込みを入れつつ、ここまで幼いヒナは初めてなので、とことん用心するに越したことは無いと思う。


続きを読む »

箱舟じゃないけれど種類は多いよ

11 10, 2005
 生まれてからこの方、我が家でペットのいない状態は考えられないほど、我が家にはいつも何かがいた。
シャツのおなかを子犬で膨らませて帰ってくる父親。
見境無くカエルをとってきたり犬や猫を拾う長女。
悲鳴を上げる母親(そして動物にならされる。)
世話はしないけど可愛がる妹。
勝手に伝書鳩を連れてくる親戚。
九官鳥をくれる父の取引先・・・・。

雑種の犬、猫、シーズー、シャムネコ、チンチラ、ハムスター、ひよこ(から鶏に成長)、カブトムシ、鈴虫、文鳥、亀、団子虫、熱帯魚、金魚、ザリガニ、ヤドカリ。
入手可能なその辺の生き物すべて家で飼ってみた、と言った履歴が残っている。

 一昨年までもシーズーのモップとチンチラのプリンが共に16年我が家で暮らしていた。
そして似た時期に息を引き取った。
ぽっかり穴が開いたようで、しばらくは二匹を思い出してはため息だった。だが長年ペットと暮らしてきた我が家で動物がいないと言うのは異常事態だった。
嫁に行った妹までが、「お姉ちゃん、何か飼ってよ。ここに帰ったときにワンちゃんとか抱っこしたいよ。子供達にも動物と触れ合わせてやりたい。」と言う始末。
あったかなモコモコとしたものと触れ合う幸せをしってしまった人間は、動物抜きの生活など出来ないのかもしれない。

 セキセイインコのアイスバーグさんを買ってから二日目に母が妹に電話した。
「ふふふ、スミレ(仮名)ちゃん、我が家に家族が増えましたぁ~♪」
ペットを再び飼う事に反対だったくせに、いざアイスが来るとうれしそうに報告する母。
「えっ、何何?」興奮する妹。
「セキセイインコ。」
「え~~~~~~~。犬飼ってよ!」

妹のがっかりした声は私にも聞こえた。
あいにくだがインコだ。
私が電話に変わる。
「ンもぉう~~~~テンション下がったわ!」
インコでとさかになっている。
「何よ、悪い?」
「お姉ちゃん、インコでその、満足できるの?頼りなくない?」

絶対言われると思った言葉だ。私自身も飼うまではそう思っていた。
でも私はもうすっかりアイスバーグさんの魅力のとりこだった。
「インコってこんなに可愛いって知らなかったよ。」
「ええええ~~~~名前は?」
「アイスバーグさん。」
「アイスバーグ?」
「アイスバーグさん。『さん』が付いて正式名称だからね。」
「へぇー。」
「ほら、子供達にもアイスさんの可愛い声を聞かせてあげるよ。」
電話越しに代わる代わるアイスバーグさんのピヨピヨと言う声を聞かせる。
「かわいい~~~!!」
「かわいい~~!ちょっと、もっと聞かせてよ!」
兄弟で受話器の取り合いになっている。
妹まで可愛いと言い出す。
三人はだんなさんをマンションに置いて、週末アイスバーグさんに会いに行くと約束した。

そうだ。セキセイインコと言えば小学校の頃の友人宅でインコを20ッ羽くらい飼っている友達がいたな。友達が、ではなく彼女のお父さんが面倒見てたが。
そんなに増やしたくなるほど可愛いものなんだろうかと、不思議だったが、今なら少しはわかる気がする。

しかし、まあ「えにし」と言うのだろうか。
可愛さで買ったと言うよりは、ふと先に頭に名前が浮かんでしまって、この子は我が家に来るんだ、とそんな気がしたから、と言う理由で飼う始まり。そんなのもありなんだな。家族全員に暖かく歓迎されたアイスバーグさんだった。
iceberg.png

プロフィール

理恵

Author:理恵
2005年10月10日生まれのパウリー(JRT)とやっぱり2005年10月生まれのセキセイインコ・アイスバーグさん

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
カテゴリー
注目のリンク先
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。